2017年7月19日水曜日

年間計画。親善試合だから本気ではない、発言に思う

父は学校の先生をやっていた。高校の理科を教えていたのだが、バスケットの顧問もやっていた。なかなか入れ込んでいて、三重県の高校のバスケット協会の一番えらい人だったこともある。

良く「三重の○○です」って電話してた。子供心に○○って言う名字は日本中にあるけどなあ、とかアホな事考えながら聞いてた。思えばあればバスケットボール協会に電話してたんだな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
父は若くしてずっと進学校つとめてた。その中でバスケの顧問をずっと続けてた。

父いわく、体育の教師じゃない自分が、推薦で選手を補強できない進学校のチームで、体育の先生が率いてる私立や推薦の選手が居るチームに勝ったら楽しいだろ?って。

さすが新天地の父親。かなり性格悪い。教え方は相当スパルタで、平気で椅子とか蹴飛ばしたり投げたりしてたそうだ。今なら週刊誌に乗るなw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎週末練習試合に出てた。夏休みはずーっと家にいなかったw。他の高校と試合することもあれば、実業団とやることもあったと思う。当時の実業団は今でいうプロリーグなわけで・・・。

父は小学生の僕にこんな話をしてたことがある。練習試合は同じところとだけやってても意味ないんだ。3年生が卒業したら、新チームを組む。レギュラー5人を決めてサブメンバーと競わせる。メインの大会にどれくらいの強さになれるのか想定する。どんな戦術を教えるのか?どんな戦術は捨てるのか。新しい戦術を常に勉強し、古い戦術を組み合わせながらアップデートしていく。年間計画だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、人脈とか使いながら大体いつどんなところと練習試合をするか、合宿するか考える。
新チームはできれば自分所よりも強いところと練習、練習試合をする。そうしないと自分のチームの力は上がらない。一方で本番前の練習試合ではできるだけ強すぎるチームは避ける。
自信を失っても困るし、本番前に試したい戦術を成功させる(習熟する)という目的もある。
そして怪我は避けたい。

新チームを作った段階でそういう青写真を描いておかないと駄目なんだと。行き当たりばったりで相手を決めて遠征にいってるわけではないんだと。ずーっと前から約束してるんだよと。
(という言い訳で、鈴鹿サーキット(遊園地)につれて行けという新天地の要求を却下したわけですがw)

どっかの国会議員の先生は緒戦親善試合は本気じゃないんか、みたいなこと言ってたけど、当然Jリーグのチームの監督やディレクターなら親善試合を組んだ時にその意義を考えるだろう。

強いチームとやることで選手が気づくこともある。ああ、こうやってやればいいのかと。それはその試合を勝ちに行くよりも価値が高いんだ。逆にテコンドーサッカーで相手を削るようなことをしてたらもうそんなチームは親善試合とか練習試合してもらえなくなる、それじゃあ駄目なんだ。

リーグ戦なら泥臭く勝ちに行く、引き分けに持ち込む、一点でも多く取り一点でも失点を少なくする。それが最重要になるだろう。でも練習試合や親善試合では当然そうではない。すべてリーグ戦などで勝つための戦力増強が一番の目的なのだから。

親善試合だから本気ではない、。そりゃそうだ。だからといってそれは全く攻められるべきものではない。そんなことはちょっと大学の教職課程に通って勉強すれば習うことだと思うんだが。。。

それは球技を行うチーム全般に普遍的に言えることだろう。一般社会における組織論でも当てはまるかも分からん。年間計画を立て、より強い組織を作るために行う日程マネジメント。国会議員なら当然そういう一般教養をもっていただきたいものだが。。。

2017年7月18日火曜日

メリーさんの羊で、電気羊でアンペアー。

ポケモンゴーに相変わらずハマっています。夫婦でw


この前奥さんが「ウパー」を見ながらこれってウーパールーパーからヒントえたのかなあ?ってつぶやいていました。まあそうでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ポケモン、名前や成立にはいろんな由来があります。ユンゲラーみたいに、本家ユリゲラーから訴えられたケースもありますが(結果はたしかニンテンドー勝訴)

僕が好きなのは(ニヤッとしてしまう)のはメリープですね。

メリープってのはこんなの。
メリープという名前はメリーさんのひつじから来ていて、メリーとシープをくっつけた造語。
モフモフしてて思わず撫でてしまいたくなりますね。でもこのポケモン「でんきタイプ」なんです。体中帯電してるんでうっかり撫でると感電します。体毛に帯電してるんで(*^^*)/
 
さて、なんで電気羊なの?って思った人は一般教養が不足してます。ああ、あの本ね、と思った人は多分オタク側の人間です。
 
そう、もちろん「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」( Do Androids Dream of Electric Sheep?)というSF小説にちなんでいます。映画の名作ブレードランナーの原作になったSF小説の古典。
子供だけでなく、大人も「あっ」と思うところがポケモンの良いところなのかもしれませんね。
 
(小説の中の世界では、本来の生物が極端に減っており、かわりに人工の動物が飼われている。主人公は人工の電気羊を飼っているのだが、本物の「電気羊」を飼いたいと思い、その資金稼ぎのため「アンドロイド」狩りの賞金稼ぎになるのだが・・・。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というところまではウンチクでよく語られます。
 
実はメリープという名前にはもう一つ秘密があるんです。
メリープの英語表記はMareep と綴ります。
これ、ampere(アンペア、もちろん電流の量を表す単位です、)という単語のアナグラム(文字の順番を入れ替えたもの)なんです。
ちょっとした言葉遊びにゲーム制作者の創作意欲を感じ取ったりするんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても、ポケモンゴーではなぜがメリープほとんど出てきません。たまに卵で孵るくらい。
なんとかモココまでは進化しましたがその先のデンリュウはいつになることやらw

サッカーに人生を乗せるな、か。

上西なんちゃら議員が

「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ。」

と発言して話題に。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前後関係から行くと、こいつがヒートして吠えてるだけなんだが、ある意味では真実を語って入る。

僕らがサッカーを応援する時、贔屓が勝てばなんだかまるで自分が努力して勝ったみたいに思わないではない。一生懸命努力してるのは選手であり、コーチ陣であり、そしてもちろん経営側である。僕らはなんにも肉体的精神的努力はしてない。がんばれー!とは毎回叫ぶけれどw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
精神学てきにはなんていうんだっけ?代償行為じゃなくて疑似体験だっけ?うろ覚え。

自分がまるで活躍したような気分になれる。加えてスタジアム行けば一体感があり気分が高揚できるし楽しいもんね!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ある意味、これは株を売ったり勝ったりするのにも近い感情があると僕は思ってる。
株が上がるとまるで自分が成功したような気分になれる。

これ、先輩に指摘されたことがある。お前は「上がったから嬉しい」っていう気持ちが強すぎてディーラーに向かない。ディーラーは上げ下げを当てるより一円でも多く金を稼ぐことが大事でお前はそこが全然足りない。遊びじゃねーんだ、と。

要するに予想が当たった段階で喜び過ぎで売買に執着してないから、と、もっと泥臭く行けと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんかうまく答えがまとまらないけれど。

結論としては上西議員はなんだかなあ、ということで。

2017年7月12日水曜日

一口馬主業界に新風?DMMが鳴り物入りで参入。

宝塚記念が終わり、北海道では「せり」が活況です。

僕が競馬を初めた20年前、日本では「庭先取引」と言って、馬主が調教師と一緒に牧場を訪れて、コネやそれまでの取引などの「人情絡み」で馬を買うのが一般的でした。
もちろん、その頃も競り市はありましたが、まだまだ一般的ではなく、本当にいい馬は一見さんは手にすることができなかったのです。
どんだけお金があっても、本当にいい馬を買うことはなかなか。そんな時代でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昔は、トウショウボーイなど、日本軽種牡馬協会が保有する種馬を種付けした仔馬で、男馬だった場合は強制的に競り市に出す義務を課すなどの仕組みがありました。
「サンゼウス」という馬がバブルの頃上場され3億5000万円の値段がついたりしたのもこういう経緯があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな流れが変わったのは、馬産最大手の社台グループが中心となって積極的に競り市を初めたから。最大手が自分所の生産馬でも一流の馬をどんどん競り市で売るようにしたのです。
お金さえ出せば誰でもが欲しい馬を買える。しかも掛け値なしに日本のトップクラスの馬を。

こうしてようやく日本も競り市で好きな馬が買える環境が整ってきたのです。
また、いまは生まれたばかりの馬も上場されますし、逆にデビューを控えた馬も上場されます。
馬主にとっては早い者勝ちで「青田買い」出来るチャンスも荒れば、リスクを減らしてある程度目処がたった馬を買うこともできます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そんな馬主業界に大物が登場しました。
テレビCM足らずでも有名なDMM。COMです。

DMMが「一口馬主」を始めると。いきなり馬主資格をとり、いきなり競り市で高額なせりを繰り広げました。


DMMと言えばもともとはAVで始まり、企業買収を重ね手広く事業を広げています。
胡散臭いですけど(失礼)

そんなDMMが馬主資格をキチンと取ってきたというのは少し驚きではあります。
さらに大金をはたいて良血馬を高額で競り落としていきました。
もちろん、「目玉になる」うまが欲しかったというのもあるでしょうし、高額で競り落とすこと自体が宣伝効果もあると言う面もあるでしょう(マグロとか松阪牛を高額で競るのと一緒ね)。

DMMクラブがどんな活躍を見せるのか?興味はかなりありますね

一口馬主とは???

さて、話は少し変わります。俗に一口馬主と言って日本独特のクラブ会員制度もあります。(これ、日本生まれの制度です。競馬の「民主化」といってもいいかもしれませんね )。「クラブ」が会員を募って数万円から100万円とかのお金を出してもらい、その競走馬が賞金をとってくるとそれをみんなで分配する制度です。(別に飼葉代など諸費用もかかります)

一口「馬主」と言いますが、法律的には馬主とはいいません、日本ではいわゆる競走馬の馬主になるためにはJRAか地方競馬の馬主資格をもってないと競走させることはできません。
本来の意味で「共有馬主」というのは馬主資格を持つ人同士だけで馬を区分所有するケースだけ。

では一口馬主と言うのはなんなのか?
昔は農水省、いまは金融庁の監督のもとで販売される「商品ファンド」なのです。(金融庁に所轄が映ったのはまさに金融ビッグバンによる成果の一つです)

「一口馬主」クラブは2つの組織を作る必要があります。

一つが俗に匿名組合です。営業者ある馬を手に入れ、そのある馬について不特定多数から匿名組合契約を結びます。(一口50万円、全部で100口、とか)。匿名組合契約ですから、出資してもその馬の所有権をえるわけではありません。双務契約として、その馬の経費を払うかわりにその馬が稼いできたら契約に従って分配金を受け取る、そういう契約なのです。馬の所有権はあくまで営業者側にあります。(馬主、とはいいますけど馬主ではないわけです。あくまで出資)

二つめは「馬主資格を持つ」クラブ法人です。匿名組合は馬主資格をえることができません。そこで、独立した法人をつくりその法人が馬主資格をJRAから取得するのです。そして匿名組合はクラブ法人に所有する馬を現物出資し、経費などを払います。クラブ法人側は現物出資の見返りとして賞金をえた場合は匿名組合側に賞金の一部を還元。匿名組合は更にそのお金を匿名組合契約を結んだ出資者に契約に基づいて分配するのです。


匿名組合、馬主であるクラブ法人共に第二種金融商品取引業者(ファンド業者ですな)の登録が必要です。
金融庁の審査もあるし、当然何年かに一回金融庁から審査が来ます。
またいわゆる自主規制機関である第二種金融商品取引業協会から、監査や指導が行われます。

もしも興味がある方は「お金は全部なくなるもの」と思って参加くださいませ。
僕も一口のさらに半分を同僚と所有したことがあります。

確かに楽しい。でも数10万円消えていったw
土曜の朝の未勝利戦とかが「待ちに待ったメインレース」になる感覚は新鮮です。
またなかなか勝てなかったので500万したクラスのうまが超エリートに見えたりしますw

芝で走ってたのにダートに変わると左遷された気分になり、福島競馬場が主戦場になって応援もいけなくなり(´・ω・`)
いろんな喜怒哀楽が味わえるのは間違いないんですけどね。。。。
ちょと高いお遊びではありました。

2017年7月7日金曜日

小松精練のカボコーマに、株高の匂いを感じる

この前、ワイヤーみたいなの貼って「耐震補強」してる現場を見聞きしました。
しかしすごい違和感。ワイヤーロープを手で軽々運んでるんです。ワイヤー、見た目よりも異常に軽そう。

謎は簡単に解けました。そのワイヤー、炭素繊維なんだそうな。そう新天地が大好きなカーボン素材。カボコーマって言って小松精練の製品です。大和ハウスが採用したと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これ、結構なうりあげになりまッセ。木造建築の耐震補強にも使えるよう。軽いから輸送コストも下がる。あとは本体の値段とか生産量なんでしょうけど。

小松精練、ストロングバイ。まじで。チャートも、ここ抜けてくるとステージ変わりそうな。。。

2017年7月1日土曜日

社員教育の重要性

自民党で失言相次ぐ。

もちろん、失言が相次ぐのは個人の資質もあるんだろうが、組織のなかでこれだけ続くとなると、組織の問題点とか責任論も考えないではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
他社で作業員の人が指を挟んでしまうという「ヒヤリハット」(重大な事故につながりかねない、軽微な事象)の話を聞いた。

素人目には「指を挟んでしまうような」物の持ち方をしてた作業員の人が悪いのか?とも思うが、キモはそこじゃあない。

「全部の社員(あるいは作業員)にきちんとした持ち方を徹底できない管理者(会社)側が悪い」んだ。つまり教育体制、管理体制が一番問題。


あるいは先月起こった新名神高速だったかの事故(釣り上げた鉄板が外れて落下し下敷きになって人が死んだ)では、「小さな釣りフック」(鉄板はかなり大きなフックで釣らないと危ない)で鉄板を釣り上げたあと、釣り上げた鉄板の下に作業員が潜って作業中に鉄板がフックから外れて作業員が死亡した事故。

1きちんとした道具を使わずに鉄板を吊り上げるというのがありえないし、ましてや2鉄板の下に入るなんてのは絶対に有り得ない。

絶対にやってはいけない作業を2つも重ねておこるべくして起こった事故。

でもここでそういう作業をした作業員より悪いのは「そういうありえないことはしちゃ駄目」と教育してないバックオフィスのほうがもっと悪い。「そんなことはするわけない」じゃなくて「そういう事を絶対しない」ように教育しなきゃイカンのだ。
つまり一つは教育体制の問題

そしてもう一つ。「危ないと思ったらお互いにやめさせる」という組織の中の自律の仕組み。これ大事。自律作用が働かず事故に至るまでにおそらくこういう危ない状態が常態化していたんだろ。
これだけの人数いれば「鉄板を吊り上げる時は専用の器具を使う。」とか「釣り上げた荷物のしたには絶対に入ってはいけない」(本来は3m離れて作業)というのは誰かは知っていたはず。いや殆どの人は知ってる。
でも知ってる人間たちがそういう危ない作業を止めさせず黙認してやらせてた。

こういう時、まともな会社、組織なら「おいおい危ないからそういうことしちゃ駄目」とお互いにやめさせる。しかしちゃんとしてないから、他の人の危険行動を止めさせない。事故があるまで続いてしまう。。。。風通しの問題とか、そういう助言が尊重されない企業風土とか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自民党は国会議員は「個人事業主」的な感覚なんだろうね
まず組織としての「教育」がない。

そして自民党はいまは「ろくに口をきけない状態」なんだろう。「それはまずいよ」といったら干される。結局こうなると組織は自浄作用が働かなくなる。
こころでは「やめさせろ」と思ってるけど我が身可愛さに誰も何も言えない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これ、韓国ウオッチャーにはとても強く既視感がある。

ノムヒョン政権時の民主党。結局、溜まりに溜まったエネルギーが爆発して党がガラガラと崩れた。
また官僚たちはノムヒョン政権時代、面従腹背を貫き通し組織は動かなくなった。
口を出せば飛ばされる。しかし、下手にノムヒョンに可愛がられると、次の政権でやっぱり飛ばされるw(実際、検察官なんかは色々ひどい目にあった)


韓国は20年遅れで日本を追いかけてきたとよく言われた。
今は10数年遅れで日本が韓国を追いかける時代なのかもね。

産経が指を指して笑う韓国を、産経をお友達にする日本の内閣が追っかける皮肉。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

2017年6月29日木曜日

フロント「ガラス」じゃなくても良くなります

日本の場合、公道を走る自動車には「保安基準」という縛りがあります。
原則としてこの保安基準を満たさない車は車検を取得することができません。
(ただし、基準緩和と言って、例外的に事前申請すればみとめられるこうもくもあります。一部のトレーラーが保安基準を上回る寸法や重量なのに車検が取れるのは、この基準緩和を受けているから)

6月22日にはドラレコ(一部または全部)を直接フロントガラスにつけることが「容認」されるなど、時代に合わせて変化しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、いままで日本の保安基準では、「フロントガラス」はガラスだけだったんですけど7月1日からポリカーボネイトなんか(樹脂ですね)もオッケーになります。(ただし耐摩耗性の基準あり)
今まで、フェラーリのF40やトヨタの86のスペシャルバージョンみたいにリアウインドウをポリカで作るのは容認されてきたんですが、フロントウインドウはNGでした。(その他、サンルーフにも認められてきた)

しかし今後はこの縛りがなくなります。
コストはかかるものの「ガラスより軽量でガラスより強度がある」ポリカはすでに存在するので今後高性能モデルや高価格モデルにはこのポリカの「フロントウインドウ」が増えていくと新天地は予想しています。
鉄がプラスチックに変わっていくように、重いガラスもポリカに変えることで軽量化が図れるからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この分野では帝人が先に進みます重さはガラス製の半分。問題になるのがポリカーボネイトの「耐摩耗性」なのですが帝人保護層をつくる新技術でこれを改善。
また、フロントウインドウ自体に強度を持たすことで、ウインドウ周りの鉄枠が不要になる設計のようです。

トミーカイラZZという「電動スポーツカー」が世界初の採用に成るよう。高額な軽量スポーツカーだけにその恩恵を考えれば少々のコストアップは目をつぶって、性能向上や話題性を狙っているんでしょう。

まずは高性能のオープンカーなどから採用され、いずれガラスに取って代わると新天地は考えています。まだ、ものすごく小さな動きですがガラスメーカーにとっては無視できない動き。
そして帝人など樹脂メーカーにとっては小さくない
第一歩です。

2017年6月26日月曜日

未来の戦闘機は空対空ミサイルを持たない???

日本にもF35がやってくるなど、戦闘機の世代交代が進みます。

「ステルス」でないと勝てない、そんな時代かもです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本が主力としているF15。その強さの一端は大型の機体に強力なエンジン。そして多くのミサイルをたくさん吊り下げられる搭載能力。

機体の大きな部分を占める二機の大型ジェットエンジン。そしてそのエンジン部分を含んだ機体がまるで一枚の翼のようになっていて機体全体で揚力を得ます。
その大きな揚力によって機動性を確保し、たくさんの武装を積むことができます。

写真では中距離ミサイル(アムルアームかなあ)4発、短距離ミサイル4発(サイドワインダー系かなあ)を搭載。航続距離(滞空時間)を伸ばすための外部燃料タンクも搭載しています。いわば空対空戦闘のフル装備ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし。
F22やF35と言った最新鋭戦闘機ではこのように外部燃料タンクをつけたり、外部にミサイルを吊り下げると「ステルス」性能で欠点を抱えてしまいます

H22やF35が「ずんぐり」しているのはミサイルを「飛行機の中」に抱え込んでるから。
余分な突起物をなくしてレーダーに捉えられにくくしているのです。



パカって開いてここからミサイルを発射する。
当然外にたくさん吊り下げるより、ミサイルの量は減っちゃう。。。機体も重くなるし運動性能も落ちるかもだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そこでアメリカ軍が今考えているのは????
そうだ、そもそも戦闘機がミサイルもってく必要ないんじゃない?
別の飛行機にたくさんミサイル積んで飛ばして、戦闘機からの連絡を受けて別の飛行機からミサイル打てば。。。。


B52のような大型の飛行機を空戦のすぐ外に待機させ、そこにミサイルを数十発つんでおこうと言うのです。戦闘機は敵を発見すると瞬時に照準情報を確認。
その情報をリンクシステム(まあ巨大な無線ランだとw)を通してミサイルを積んだ飛行機に伝達。そしてそっからミサイルをぶっ放すというわけです。

戦闘機はミサイル積まなくてもいいので設計は自由になるし、機動性も向上するでしょう。
(というかそもそも有人戦闘機である必要も薄れるのか)

味気ないけど、味方が死なないならそれが最善でしょうね。


2017年6月22日木曜日

NYダウ日足



NYダウの日足です。窓を明けて最高値圏できれいな陽線、翌日ハラミ足の陰線、さらに翌日ハラミを下にぬける陰線です。

明日も陰線ならきれいなコレクション入りになりそうですね。

2017年6月20日火曜日

SMAP独立報道に思う。芸能と言う巨大ビジネス。

新天地の務める会社は運送屋さんです。

重仮設材といわれる、鉄板や山留め材、H鋼やシートパイルなどを運びます。
また何十トンもある大きな重機を運ぶこともあります。

おもに建設現場のお仕事が多いのですが、毎月何件かコンサート会場のお仕事が舞い込みます。
というのも、大規模なコンサートでは、舞台装置を建設現場で使う「山留め材」を足組にしてつくルから。こうなるともう「仮設」ながら建造物の域ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おおきなコンサートだと、この足場に使われる山留めだけで数十トンになります。トレーラー2台とか3.台になることも。。。この輸送費用だけで往復20万円とかなることも。当然、リース費用ありそれを組み上げるコストはもっともっとかかる。コンサートは本当に多くの人やお金が絡む一大事業なんですね。
SMAP一人の後ろには大げさではなく何百人何千人の人の生活がかかってたりする。(ちょっとおおげさに言ってみた)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SMAPの中居さんが事務所に残るという。
おそらくだけど、事務所をはなれることで色んな人に迷惑がかかることを懸念したのかもね。
何年か恩返しをして、それから独立する気なんじゃなかろうか?

勝手な想像をしてみた。

うちの会社もジャニーズ絡みのお仕事をいただくわけで、すべての人に足を向けてねれないわけではあるんだけれど。徒然に。

すごくお金を稼いだら、政治家に入れ込むのもありなのか。

僕の祖父と、義理の父は似ているところがある。

裸一貫で会社を起こし、世間一般では富裕層と言われるような資産を作った。
そんでもって、特定の政治家をそれなりの規模で物心ともにささえた。

祖父なんかは後援会の中の人をやってたし、いざとなれば自分が逮捕されるくらいの覚悟はあったと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このサイトを見ている人は、いわゆる富裕層と言われる人も多いらしい。
もしも何億も稼いだのなら、これはと思う政治家に支援してみては?

安倍一強なんてつまらない、と思うなら、人生をかけて国会議員を作ることを目指してもおもろいかもよ。祖父のことを思い出してふとオモタ。

2017年6月17日土曜日

政治は一瞬先は闇でね。。。

安倍内閣の支持率は下がったとは言え45%程度はある。依然として高い。現状では「危機的状況」ではない。

しかし。もともと自民党の歴史は「政争」の歴史でもあった。
次を見据える人たちにとっては「出遅れれば自分の目は無くなります」

ここぞという時に出ていかなければならんのだ。

野田聖子さんとか、軍事オタクの人とかが声を上げ始めたのは「ここで動いておかないと自分の目がなくなる」から。

さらにこの問題で麻生さんが全く動きを見せないのも、自分の手を汚したくないからだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次の元号を発表する総理大臣は安倍さんではないかもよ。

2017年6月15日木曜日

「長州」に対して、総理大臣を輩出してない三重県人が持つ根強い不信感w

明治維新は日本を大きく成長させました。これは間違いないでしょう。

そそて、明治維新は歴史の都合上、いわゆる「長州」人によってなされました。薩長連合があったとは言え、薩摩の二大巨頭のうち西郷は政権内の抗争に敗れ反乱を起こし、大久保利通は暗殺されました。結果、長州からの人材が日本を動かしていった、と。
そして政治力の台頭とともに、間違いなく「政商」が日本経済の大きな部分を担うことになっていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
翻って、三重県からは未だ一人も総理大臣が出ていませんw
今まで、総理に近づいたのは二人だったと思います。
ジャスコの息子と、僕の祖父が推していたもと官房長官の人です。(ああ、昔は総理大臣になるには大蔵大臣や外務大臣、官房長官のどれかをやらないとって言われてたのね)

世間のレベルから言えば、祖父はものすごく小さな「政商」でした。それでも「三重県から総理大臣出すんだ、ってことを常々言っていたそうな。選挙になればなんとしてもトップ当選させました。t自民党の国会議員として何度もトップ当選を繰り返すし大臣を歴任し総理の座に近づく。そしてその政治力が三重県に大きな影響を及ぼすと。
三重県に原子力発電所ができそうになったり、伊勢や和歌山方面まで高速道路が伸びたのもこういう人たちの政治的影響力があったのは間違いないはずです。伊勢神宮をダシに使い、名阪国道を無料の自動車道として建設させ(この道路、伊勢神宮に行くためにも無料にしろっていう若干無茶な論理で無料で開通しました)、経済的根拠はかなり薄いですが伊勢まで高速道路を通しました。これも「伊勢神宮に行くため」という御旗を使ったのですな。意図的に政治力を使って声を上げてなければここまでの恩恵はなかった。僕の祖父もそこに大きく一枚噛んでた。それは認めます。

おまけ
祖父は、娘三人が頭良かったのに「いい大学」に行かせなかったことを後悔したそうな。で、孫6人には法学部か医学部行かせろ、と。6人全員が楽に私立の医学部行けるお金を残して死にました。
法学部行ったら政治家になってほしかったみたいですね。
自分も頭良かったし、娘もかなり頭が良かったので孫も当然頭いいと思ったんでしょう。半分正解で半分間違いでした。

結果。一人は裁判官。二人が弁理士。
一人は覚醒剤に狂って廃人になり、一人はヤクザやってます。

そして。僕は運送屋さんでクダまいているとw
上場している建設会社の社長は祖父(というか祖父が押す国会議員の権威)に頭を下げに来ましたが、孫は現場の監督さんに頭を下げに行っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても今の「お友達」たちの恩恵は酷いw

タマタマ、国有地が安く払い下げられ、タマタマ許可がピンポイントでおりたのか?
そんな馬鹿なことがあるのか?
そしてそんな馬鹿なことがあっていいのか?ということを声をあげたら不利益を被る公務員。
そして尻馬に乗る環球時報のような保守系新聞。

たとえば保守系新聞は韓国のノムヒョン政権をばかにしてきたわけだが、現在の日本の政権と保守系二紙がやってることはノムヒョン政権が「イエスマン」だけを抜擢し、それを公共放送3局が擦り寄って擁護していた風景に被る。
ノムヒョンのせいで多くの有能な人材が役人を辞めた。飛ばされた。そしてMBSなどはそれを良しとした。いまの日本はそれと同じ。ゴマするやつが出世し、「黙れ」という圧力がまかり通る。

その根に「政治闘争を制し、勝利を利用して甘い汁吸ってきた」汚い長州のやり方を感じるのだ(山口県の普通の人ごめんなさい。暴論承知です)
もちろん安倍さんにそういう意図はないのだろう。しかしお友達が跋扈するのを見逃しているならやっぱりどうなのよ?と思う。李下に冠を正さず、なんて言われなくても知ってるだろう

いや、知らん可能性はあるかw
-------------------------------------------------------------------------------

職業病がこじれると、事故の報道を見て

東名高速道路の事故。宙に浮く乗用車の映像が衝撃的でした。

一部のマスコミでも報じられている通り、車が反対車線に飛び出したことについて、法的に賠償責任があるかどうかはともかく、中央分離帯が盛り土の上にあり、この盛り土が何らかに作用して車が反対側に飛び上がった可能性があります。

日本ではどうなるかはわかりません。しかしもしもアメリカのように「不法責任を広く」捉える法体系ならば、間違いなく高額の賠償請求の裁判が起こるでしょうし、実際に賠償が命じられるかもしれません。道路がこういう構造だったせいで、車が飛んだ、と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の裁判だとそこまで予見できないよ、注意義務ないよってなりそうですしある程度危険だと判明しても長大な高速道路の「盛土」をなくすには莫大なお金がかかるのでこれを一気に直すとかそういうことはしないかもです。。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地は運送屋さんです。事故を見ると、「主原因はなんだろう?何を注意したらいいんだろう?」ってかんがえてしまいます。完全に職業病ですね。

今回の事故の大きなファクターは「車が飛び上がって反対車線に飛び出したこと」にあると思います。そしておそらく中央分離帯が「とっても怪しい」。スピンしながら車が分離帯の盛り土まで進んできて車に迎角が付き、それで大きな揚力が発生し飛んでいった、と。
分離帯が適切であれば反対側車線に飛ぶことはなく、ここまで大きな事故にならなかったのではないか?というのが今のところの僕の見立てです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ、、日本の場合はお金もないし、道路管理者にこういう「特殊」なケースまでの注意義務はかせられないから、盛り土をなんとかしる!とまでは行かないかも。。。

それでもやっぱり、理想論としては盛り土をなくして、車がぶつかったらそのエネルギーを吸収するような分離帯でないと駄目だと思うんですよね。
理想を言えば大規模に改修スべきだと。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで来てもう一個別の職業病が脳内で動き出します。

そう。関連銘柄は(石を投げないで)
ちょっとひねって防護壁シェア上位の積水樹脂。ガードレール作ってる東京製綱。
構造物点検に強いシボンドHD。
「道路」と名前がつく銘柄たち、前田道路、大林道路、日本道路、東亜道路工。三井住建道路なんてのもあるか。

不謹慎を承知で一応載せておきます。

2017年6月14日水曜日

自動車保険、ちゃんと入ってますか???

この前、高速道で事故があった。
センターに中央分離帯があるにもかかわらず、車はこれを飛び越えており、何らかの落とし穴があったのだろう。対策が望まれる事案だと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、皆さんの自動車には、ちゃんと保険かかっているだろうか?
改めて確認してほしい。

というのも、自動車事故って、自動車にぶち当てるだけじゃなくて、道路の附属物にぶつける事故とかもあって、ものすごく高額になるケースを見聞きするのだ。


たとえば高速道路。電光掲示板がついた柱。あれってぶつけると問答無用で数百万円から1000万円超え。ネクスコのモノを壊すと、、問答無用で定価で請求きますw

あるいは家に突っ込んで数千万円の請求(当然ですね)というケースも聞きました。
夢々保険切れとか無きよう。

(新天地の知り合いも、任意保険無保険のバイクに引かれて随分迷惑したことがある。無保険良くない)

そんなことを思う今日このごろでした。
くれぐれも退陣無制限と対物は1億円くらいはかけておくべき、だと思うのです

2017年6月10日土曜日

アップルとnVidiaが売られる。「ナスダック天井示唆?」

9日金曜日のアメリカ市場。NYダウが高値更新の一方で、ナスダックは100ポイントの急落になりました。主役はアップルとnVidiaの急落です。

アップルはブルームバーグが「通信速度を決めるモデムチップの性能がサムソンより低いよ」ってな報道。さらにゴールドマンなどが株価について割高と示したとか。
iPhone8は強気な価格設定と言われ、それが売れることで収益性がさらに良くなると言う見方で上がってきただけに、ここに来て「みんなちょっとやりすぎとちゃうんか」ってな雰囲気ですね。


半年余りで50%近い上昇だっただけに「バブル崩壊」とするとちょっときついことになるかな。
iPhone8期待でここまでみんなで買い上げましたからねえ。

さらにnVidiaが6%の下げ
半年ちょっとで3倍弱まで上がって、昨日は更に高値をつけた後、かなり出来高を伴って売られました。出来高を伴ってほぼ丸坊主の大陰線。完全に「終わったな」です。


nVidiaについて説明しますと、半導体の会社。もともとは「グラフィックチップ」の開発で知られます。PCなどはインテルが作っているCPUで動いていることで知られますが、絵を書いたり表示したりする処理はCPUだけでは性能が足りません。そこでGPUと呼ばれる描写を手助けする部品がつかわれる様になったのです。
CADをグリグリ動かしたり、3D画像をくるくるしたり、あるいはゲーム画面が高速で動くのも高性能なグラフィックチップ、GPUがあればこそ。

そのnVidiaがなんでここ最近高騰してたか?
それはAI、人工知能の開発に理由があります。

nVidiaの開発した「グラフィックチップ」がAI開発に適していたこと。絵を書く演算だけでなく、「学習」にも最適だった、と。

nVidiaはクーダと呼ばれる開発言語とディープラーニングのプログラム環境を用意していてこれに研究者が乗っかかった。ここに来て「AIがすごい」と気がついた投資家がnVidia株の現在の一株利益とかは無視して「期待」で株を買い上げた、と。


でバカスカ株価は上がってきたんですが何事にも限度があります。
「売り屋」のシトロンリサーチが昨日「株価は130ドルまで下落するかもよ」ってなリポートを出したもんだから売りが殺到。出来高を伴った丸坊主のつつみ足。

これでまだ上がってくならもうローソク足分析なんて1000パーセント無力ですなw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というわけでアメリカのハイテクはかなり怪しい雲ゆきです。

ちょっと考え込んでしまいますね。
日本も「AI関連株」は来週相当きつい調整があるかもね。
あとアップル関連株も要注意です。

オリジナル技術の欠点

トランジットカーボンを買いました。

が。。。
この自転車おそらくシリーズ全体で1000台生産されたかどうか。
そして何より20年前の自転車です。部品がない。

いまは新品同様ですが数年したら問題は出てくるんです。。。。

更にはシャフトドライブとドラムブレーキ。ここが弱点なんです。
壊れたらもうどうしようもないんだけれど。。。大事に使うしかないなあ
(フロント部分は自転車特有なのですが「そっくり代替部品に変えれる。フォークもハンドルも規格の製品ならなんでも使える)

リヤセクションだよなあ。。。自転車屋さんでもほとんど断られるって言うし。
自力で勉強スッカ(*^^*)

ねえねえ今どんな気持ち?(ゴミ売り新聞様)

       ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶     今、どんな気持ち?
       |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    |        ねぇ、どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::|    ::::| :::i ゜。     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶
     (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン


ってなAA(元ネタは、「ガチンコファイトクラブ」での国分太一のセリフ)

があったけど、いまはこれをゴミ売り新聞に贈りたいw

必死に印象操作した挙句「やっぱり再調査します」。



はしごを外されて今どんな気持ちw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕なら恥ずかしくて自殺するw

2017年6月8日木曜日

トランジットカーボン(ただし「二代目」。で「BP」ネーム)

新天地は20年前、「カーグラフィック」(車雑誌)を買ってきました。

お金貯めて、いい車買うんだ、と思ったかどうかはわかりませんが、なんか気になる自動車の記事を見つけて買ってきたんでしょうな。それにい今も昔もカーグラフィックは「株のネタの宝庫」でもあります。


その「自動車雑誌」で、新天地は10年ほど愛用することになる「自転車」と出会います。
カーグラフィックには巻末に自動車にまつわるグッズを通信販売していたのですが、そこにブリヂストンの「トランジットカーボン」がのっていたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブリヂストンサイクルがつくったという自転車は、ほこらしげに「Formula1」とデカールが見えます。
確かサドルにも同じ表記があったかも。
このトランジットという自転車は、当時ブリジストンサイクルが開発した「片持ち式シャフトドライブ」を使って自転車が作れないか?という企画で非常に少数だけ(350台)販売される事になったもの。

手の込んだ駆動系とカーボンモノコックという汎用性が全くない特殊な機構でできたこの自転車はコストも高く、量産性が低く。当然、小売の値段も10数万円(詳しく覚えていないが15万から20万の間)と、とても量を売れる自転車じゃあなかったのですな。ちょっとお金を足せばバイクとか、高性能ロードバイクが買える値段。ママチャリなら家族4人分買えてしまうお値段。

この頃、親会社ブリヂストンはF1に参戦しており、F1関係者のパドック内の移動用としても供給されることになりました。そのモデルにはF1から許可を取って「Formula1」と書き込むことが出来るようになったんですな。そしてカーグラフィックはその「パドック特別仕様」を通販で売る、と。

ひと目見てほしくなった新天地。その月の給料をほぼ全額使い込んでこの自転車を買うことにします。しかし、この「Formula1」と書かれたこの特別仕様車は手に入らず。
自転車屋さんに駆け込んでなんとか「普通バージョン」を確保してもらうことにします。
自転車屋さんは「こんな自転車知らんかった」と言いながら貴重な一台を確保してくれました。

「この自転車は通勤には使えんで。すぐ盗まれるから。っていうか飾っとく自転車かもな」
といいながらw



僕が手に入れたのはこの「普通」のトランジットカーボン。上の写真と比べるとFormula1のデカールがありませぬ。サドルにも当然Formula1の記載なし。

何と言っても片持ち式スイングアーム、リアの内蔵ドラムブレーキによってデザインがスッキリしてます。
「リアタイヤの上に何もない」というのがこのデザインの勝利部分かと。

ちなみに、トランジットカーボンの初代は限定版も含めて350台が販売されたそうですが、販売開始から1ヶ月で予想外のスピード完売。更には1998年の「グッドデザイン大賞」に選ばれるというブリヂストングループにとって望外の結果となりました。いくらお金かけてもグッドデザイン大賞はなかなかとれないですから。
ブリヂストンの本社のショーケースに、F1マシーンや関連グッズを押しのけてトランジットカーボンが誇らしげに展示されていたのを思い出します。

この自転車、注目度高かった。さらに「職質」受けるんだw目立つから。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10年ほど愛用したトランジットカーボンでしたが、引っ越した際に知り合いに譲渡しました。置くとこなかったし。ただし、あの「目立つ」ルックス、取り回しの良さ、独特のペダルの感覚。今も最高の一台だと思っていました。

時は更に流れ。。。何故かトランジットカーボンに乗って遠出する夢を見たのです。多分昔の郷愁なんでしょうね。あの頃は良かった、でもないんでしょうけど。今でもこんな自転車あったら買うのに。

初代トランジットカーボンの完売を受けて、後継車も作られます。シャーシが赤く塗られ、ハンドル部分が折りたためるモデル。さらにシャーシが三分割のパーツで作られ、ハンドルが取り外せる二代目がつくられたました。

ただ生産は長くは続かず。2000年代初頭には生産販売は打ち切られたようです。こんな高くて「実用性は低い」(かごや泥除けはつけにくい、変速機もない、実は軽くない(約17キロとママチャリ並。他の10万円クラスの小径自転車は重さが10キロ位しかない))は一定数がマニアに行き渡るとなかなか商売にならんのでしょうな。


ふと気になってネットを見ると、オークションに出てるじゃないですか。しかし人気が高い初代は定価なみの値段でコンディションもわかりにくくて手が出ない。

が、見てたら新古車でタイヤも新品同様の三代目がママチャリ位の値段で!!
トランジットカーボンなのですが、BP社がOEMで自分のブランドネームで販売?というちょっと変わり種。トランジットの表記がないのが逆に人気がないのかも。

(某所から転載。僕の買ったのはトランジットの表記なし。ただしコンディション極上。こんなにきれいなトランジットカーボンは「もうない」かもね)

車体右側から見ると「片持ち式スイングアーム(ドライブシャフト内蔵)であることがよくわかります。
ホイール、タイヤ共にトランジットカーボン専用というコストがかかったものです。この辺はタイヤメーカーでしかも自転車を一から作れるくらいのメーカーだからこそですね)

思わず、小遣いつぎ込んで落としました。人生二台目のトランジットカーボン。
思えば僕も年取りました。でも傍らにはおそらく人生最後の「愛車」。なが~く大事にしたいですね




アメリカ三冠最終戦、ベルモントステークスは本命馬不在の大混戦で日本のエピカリスにもチャンスが

アメリカの競馬は日本やヨーロッパと違ってダート(砂)コースが主流です。

いわゆる「三冠」レースもダートで行われます。

初戦がケンタッキーダービー(チャーチルダウンズ競馬場、ダート2000m)二戦目がプリークネスステークス(ピムリコ競馬場、ダート1900m)、そして最終戦がベルモントステークス(ベルモント競馬場ダート2400m)です。

さらにアメリカ三冠レースの特徴は、この3レースが非常に短い間隔で行われること。

5月の第一週にケンタッキーダービーが行われると、中二週でプリークネスS、そのあと中三週でベルモントステークスと非常にタイトなスケジュールになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの競馬は上述の通り、ダート競馬が主流です。芝よりも力がいるのです。さらにアメリカ競馬全体が長距離レースよりも中距離もしくは短距離的なスピードレースが主流。

日本では2400mといえば「中距離」馬でもギリギリこなせるイメージですが、アメリカのダート2400mは「完全な長距離」レースと言えるでしょう。三冠レースでもっとも取りこぼしが多いレースといえるかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年はケンタッキーダービー、プリークネスステークスの勝ち馬がいずれも出走を回避。
押し出されて一番人気と見られた去年の最優秀二歳牡馬のクラシックエンパイアも足元の故障で出走見送りの模様。

完全に本命馬が「いなく」なってしまいました。

押し出されるように日本からルメールと共に遠征する日本のエピカリスが一番人気になるかも、な人気を集めだしています(ヨーロッパのブックメーカーの一部はエピカリスを現在一番人気にしています)。ルメールがベルモント競馬場での経験が非常に少ないのが気になるのと、ステップレースを使わないでベルモントステークスを勝った馬が近年いないのが気になりますが、実力は此処でも十分。あとは展開に恵まれるかどうかでしょう。

出走は日本時間11日朝7:37予定になっています。
JRAのパソコン投票でも馬券が発売されます・・・。

2017年6月1日木曜日

意外に反響が大きかったので、オカモトの続き。(こっからは上値追いは「理外の理」です)


オカモトのチャートです。ご存知コンドームのメーカー。あと自動車部品なんかもつくってます。
1985年ころ、エイズが世界に蔓延すると「AIDS相場」で値が飛んだ事があります。僕がまだ小学生とか中学生の頃ですね。

数年前まではずーっと万年中位の500円位のメーカーでしたが、中国で薄型コンードーム人気に火がつくと、コンドーム工場がフル生産。さらに潤沢な現金で生産能力増強を図っている、というのがオカモト株人気の理由。

PER、一株利益から見ると割高だけど、これから更に規模や利益が拡大するというのが強気派のみたて。1500円以上に目標株価をつけるアナリストもチラホラと。

ただ、此処で成長が止まるなら、今の株価は明らかに割高です。
チャートで見るならトリプルトップで終わる可能性も十分ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この株価の動きを「トリプルトップ」と見るか。「トライアングルからの高値挑戦」と見るか。

新天地は1980年台の「AIDS相場」を知ってるだけにそれを超えるような大相場があると楽しいなあ、と思って見てます。2000円を超えていくような、ふざけた相場をw


次に出来高を伴って動く方に大きく放れると思いますw(無責任)

新天地追記
お、ブログ書いてから100円弱上がってきましたね。上に放れそうなふいんきですが・・・。

2017年5月31日水曜日

都市部で梅毒感染急拡大。オカモトの大相場があるやなしや。

このところ、日本国内で梅毒の急拡大が問題になっている。



昨日もNHKのラジオが特集で取り上げていたが、2010年以降、急速に拡大しており、2010年に報告された(梅毒を診断した医者には国に報告義務がある)新規の梅毒感染者は497人だったが、昨年は2302人。まさに加速度的に感染者が増えている。そして問題なのは、梅毒に感染しても「無自覚」あるいは症状が出ているのに診断を受けなかったり、または医者が感染を見逃しているケースも考えられ(いままで、梅毒は数十年流行していないので梅毒を見たことがない、もしくは疑わない医師のケースも考えられると)おそらく感染者はもっとたくさんいると思われる。

どうやら、2010年ころに男性同性愛者の間で小規模な感染が起きた後、性風俗店などを介して感染者が拡大し、それが風俗店利用者⇛一般の人間に感染が広がった、と。

今までは、風俗店などの利用経験がある男性の感染者が多かったのだが、最近は「女性の感染者」報告が目立つのだと(妊娠時に検査でわかるケースも多いらしい)

すでに感染は一般の人の間にも広がっているようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地が思うに、これはネットやスマホ等の出会い系サイトの浸透、風俗産業の「バイト」化が進んだ結果だと考えます。

昔は風俗店は「プロ」の領域で、それこそ健康診断なんかもかなり徹底されていたが、いまは素人がネット相手に商売したり、あるいは軽い気持ちでバイト感覚で短期の「就職」を繰り返したりするケースが多く、とうぜんそういう人は感染しても治療せず、感染拡大につながっていく・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
梅毒は、抗生物質が有効で、感染から2,3年程度なら深刻な病状まで至ることはないとされています。(いずれは耐性菌が出てくるでしょうけど)

とにかく、発見して治療し、他の人に感染を広げないことが重要です。

また、コンドームの使用が感染防止にとても有効ですが、オーラスセックスやキスでも感染することがありますし、コンドームを使用しても効果は100%ではありません。

もしもあなたが不特定のパートナーとキスやセックスなどの接触をもったならば、最後の接触から一ヶ月程度たった段階で梅毒検査を受けることがとても大事です。
医者に行くのが恥ずかしい人は近くの保健所で匿名での検査が受けれるところもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日のブログで大事なこと。

1梅毒が急速に広がっています。(そして新天地は考えます。梅毒と同じように他の性感染症も
急速に広がるんじゃないかと)このまま対策が進まなければオリンピックの頃には梅毒感染者が数万人とかそれ以上になっても不思議じゃない。

梅毒は感染力が強いことが特徴で、感染してから一ヶ月程度立ってからの最強感染力がある時期に性交すると、感染率は30%に登るという

2我々が自営のためにすべきことは、風俗産業を利用しないこと、出会い系などを通じて知らない人とセックスしたり、キスしたりしないこと。

3どうしてもそうなったときはコンドームを使用すること(しかし100%ではありません)

4梅毒は治療を受ければ治る病気です。怖がらずに受診してください。泌尿器科や婦人科、感染症内科があるところの受診がいいでしょう。保健所でも匿名で検査してくれるところがあります。
自覚症状が出たケース、あるいは不特定の人と濃厚な性的接触をもってから一ヶ月程度してからの検査が大事。あるいは定期的な検査も有効でしょう。

ここまで自衛策。このブログを読んでいて、見に覚えのある人は、とにかく検査をおすすめするとともに、今後はそうゆうところを利用しないこと、そしてコンドームを使うことをとにかく推奨しておきます


5まだ日の目を見るには数年かかるけど。


ここは株のブログだから(*^^*)関連銘柄は(おい!)

やっぱりわかりやすいのは

オカモト(5122)。 梅毒相場 がきたらこの株がメインで人気化すると思います。実際、業績にも少なからぬ影響があるかと。「あの」エイズ相場の再来もあり得るかと。
チャートは高値圏だけど、ここで新高値を取ってくるならとんでもない大相場もあるかもね。トリプルトップなのか週足でペナントを抜けてあお80年台伝説のエイズ相場の再来なるのか(軽い株なんで人気化するととんでもなくなるのです。)

クリックで拡大。週足、三年分。チャートは「上」ですが。。。どうかねえ。


その他、検査薬や検査装置では積水化学(子会社の積水メディカル)(4204)、そしてみらかホールディングス(傘下に富士レビオ)(4544)でしょうか。この辺は正直、業績インパクトはあんまりないと思うんですが。。。ただ、発展途上国でも今後ネットが普及し、先進国型の「出会い系」「ネットで営業する素人売春」が拡大するに従って性病が急拡大する、そして売上が伸びる、そんな気はしますけど。いままで貧困故に治療できなかったけど、所得拡大で性病の検査や治療が増える可能性もあるしね
。ただ、「オカモトが値段を飛ばした後、調子に乗って周辺を買い広げるなら、ここでしょうね。とくにみらかはウォッチしておく価値が十分あると思います。梅毒に限らず、いわゆる性的感染症が間違いなく社会問題になるのは、梅毒の加速度的感染拡大からみて疫学的検知からまず間違いないからです。

さらに周辺までチェックを入れるなら、梅毒の特効薬である「アモキシシリン」を売ってる、協和発酵キリン(4151)、あるいはアステラス(4503)ですかね。これらの会社は、規模が大きすぎて業績インパクトないかなあ。。。後発薬品グループをスクリーニングしたほうがいいかもね。。


そもそも「梅毒相場」になるかどうかも分からんけど、オカモトは高値取ってきてる。
梅毒云々抜きに大相場を感じさせます。

みらかは「梅毒」(もしくは他の性感染症)をキーワードにとんでもなく動意づく可能性を頭に入れてウォッチする価値は十分あると思います。見てるだけならただだから(*^^*)

オカモトは飛び乗りたくなるチャートだけどなあw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もしも僕が厚生労働省の中の人なら、性風俗系の感染防止対策とともに、ネットの出会い系にも手をいれると思うんだよな。
煙草の箱にガンの警告文があるように、出会い系サイトに制限が加わるようなケースもあるかもね。


2017年5月29日月曜日

佐藤琢磨、2012年の忘れ物を2017年に取り返す。インディ500マイル、日本人初優勝

ダービーも面白かったけど、今週末の最大のニュースは、「世界三大レース」の一つ、インディ500マイルを佐藤琢磨が日本人として初めて制覇したことが最大でしょう!!!。


元F1ドライバーの佐藤選手ですが、F1撤退後はアメリカの「インディカー」に主戦場を移しました。

インディカーというのF1に似た車ですが、現在はインディーカーと言う団体が主催するレースで主に北米でレースが行われています。
シャーシはダラーラ社製のワンメイク、エンジンは自由ですが、現在はホンダとシボレー(実際の開発生産はイルモア)、タイヤはファイヤストーンのみ。
ただしエアロパーツなどについては各チームに改良の余地が認められておりこの辺のセッティングがレースの行方を左右します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インディーカーレースの中でも特に有名なのが、インディアナポリスで行われる「インディ500マイル」。北米最大のモータースポーツイベントの一つです。

オーバルコースと呼ばれる円形のコースをぐるぐる周ります。
そんなの簡単?と思うかもですが一度スピードを落とすと加速するのが難しいなどなかなか難しいレース。

とにかく全米の注目を集め、40万人が会場を訪れます。ここで勝つことは、世界一のドライバーであることの証明でもあります(異論は認めない)


新天地にて、でも書きましたが忘れもしない2012年のインディ500。最終ラップ(200周目です)に2番手につけていた佐藤琢磨は、ターン1でスリップストリームから出てトップのダリオフラッキッティの内側からオーバーテークを試みます。



しかしここで海千山千のフランキッティが車を内側に寄せ、避けようとさらに内側には入った琢磨の車はリアタイヤがグリップを喪失。スピンを喫してすべてを失ってしまったのです。
最後まで我慢すべきという意見に対して、ターン1では向かい風でスリップストリームを利用して抜け出るにはここしかなかったと語っています。

最終ラップ、おとなしく走っていれば2位確保の場面、無理をして命がけでオーバーテイクを試みた佐藤のドライビングはアメリカでも大きな賛否を呼びました。
もっともおろかで、しかし最も尊敬されるドライバー、と評した人も居ました。

その熱い走りで佐藤琢磨はアメリカのレースファンに強く印象づけたのでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
勝ちに行って結果を失った佐藤ですが、今年はチームも変えて心機一転。
ついに栄光を勝ち取りました。


日本のモータースポーツ史上に輝く勝利だったと思います。
もっと報道されてもいいはずなんだけどなあ。。。

2017年5月27日土曜日

「1984」を笑うことが出来るか

さてと

新天地はとある私立の法学部出てます。

私学の法学部ってのは割に「リベラル」な感じがしないでもない。
東大とかの先生はどっちかというと政府よりだがw
私大の教授はリベラルな気がする。(勝手な感想です)

法律ってのは、もちろん政府が国民を「縛る」効力があるのだが、それでは国民が
不幸になるということで、「国を縛る」ためのものでもある。

端的に言えば、例えば「○○をしたら死刑になる」って法律は「国民を縛る」ものでもあるが、逆に言えば「○○」って羅列されたことをしなければ決して死刑にはならない。罪刑法定主義と言います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、権力に対するもう一方の「力として」マスコミがあります。

マスコミは本来「反権力」であるべきだと思うのです。
権力におもねるなら、マスコミに存在価値はない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま、どこかの国になんとかいう政権は、国民を強く縛る法律を制定しようとしています。

とこ彼の国の一部のマスコミはそんな政権におもねり、政権が投げてくれた「スキャンダル」という餌に飛びつき尻尾を振っています。

その政権は、経済運営がうまく行ってるらしく、支持率も高い。
なので何をやってもいいと思っているようで、「お友達」たちは傍若無人に振る舞います。

まるでどっかの占い師の国のようですね(*^^*)/

そもそも「景気を良くする」なんてのは政府の当たり前の仕事です。
景気よくしてやったから、なんでもしていいんだ、ってのは間違いです。当たり前ですが。

どうやらそういうことを忘れて調子に乗っている政権。
その政権が続くことを前提に株が上がってきたと。

政権潰れたら株下がるなあ、と思って空売りする投資家だって居ていいと思うんですよね
(なんだそりゃw)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トランプ大統領の登場で、「1984」(ジョージオーウェル)がアメリカで売れたそうな。

日本でももう一回、読んどくべきなんじゃないかと。
この小説、警告であって参考書じゃないんだよとw

2017年5月26日金曜日

来週、結果がでるかなあ

来週、もしくは今日の225先物の取引で上下どっちかはっきりすると思います。

19500円を割っていくか20000円を超えていくか。
今日の下げ方は下に行きそうな下げです。
しかし、週足で見る限りはまだ気迷いの域を出ませんなあ。よくわからないところかw


どっちにせよ、自分の思う方にかけるべき
自分は弱気派なので、今日の夜にでもガラガラくるんじゃあないかとおもってますが・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日下げてくれたら、ものすご~く嬉しんだけどなあw

下がれー下がれー

                
   ∧∧            
 ( ・3・) /\ パタ     
  / つつ<)● ) ))     
~(__))   \/  パタ  

2017年5月24日水曜日

20万円かあ。20万円ねえ・・・。自転車の価格、思い出の価格。

新天地は自転車マニアです

多分、自転車につぎ込んだお金は数百万円になるかと・・・間違いなく車が買えます。
あとパソコンと、ガジェットとカメラにつぎ込んだお金をたしたら4桁行くよなあ・・・。
キャバクラに使ったお金も4桁だろうから、合わせて。。。。

考えないことにしよう(*^^*)

アホですねえ(カメラなんかは中古で売却しているので必ずしも全額使ったわけではないんだが)


その中でも思い出に残る自転車ナンバー1はブリヂストンのトランジットカーボンという自転車です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どんなのかというとこんなの
1998年にブリヂストンサイクル(ブリヂストンの子会社で自転車作ってる)から発売されました。

 
もともとはブリヂストンサイクルが「シャフトトライブ」を開発。チェーンを使わない機構を使って特徴的な製品を作れないかというところから出来た自転車。
 
 
開発者が構想を思いついてから、社内の説得に当たるのに2年もかかったという代物。そりゃ常識的に考えて10数万円する「ママチャリ」が売れるわけない。部品がほとんど流用の効かない、製造も機械もそのためだけに???
しかもかなりのハイテク自転車。世界初の片持ち式ドライブシャフト。(ドライブシャフトが入っているステーをそのまま構造部品として、棒一本で後輪を支えるというわけ。またそこにゲル状の部品を噛ますことで簡易的ながらセミトレーニングサスペンションになっています。小径のタイヤは軽くて加速性に優れますが、その分乗り心地が悪い。そこでサスペンションを使って乗り心地を良くしようというわけです)
 
 
ドライブシャフトの自転車なら、何が作れるか?というところからスタート。
スーツでも乗れる(チェーンがないのでズボンの裾も汚れない。)
 
車に載せれる小径車。
 
乗りやすくするためにフレーム真ん中を低くする、と。
面で構成された車体を作るためにこれ又当時としては最先端のカーボンモノコックを採用しています。(この車体、かなりハンドメイドです)
 
 
車やバイク、あるいは公共機関を使っている人が。移動のためにこれに乗り換えてほしい、というわけで空港の乗り換えを表す「トランジット」という名前が付きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果こんな前衛的な自転車が生まれました。でも自転車としては高いw20万円に迫る値段(*^^*)
 
泥除けはつけられない。(のでズボンの裾は汚れないが、濡れた路面を走ると背中と股の部分が泥だらけになるw)
自転車カゴもつけれない(のでカバンはリュックタイプにしましょう)
 
そもそもこんな目立つ、高い自転車、鍵いくつつけてても常に盗難のおそれがある。
駅の自転車置き場どころか、自宅の屋外に置くのも困るw
 
結果として、部屋の中に保管する、通勤以外に使うくらいしかw(新天地は会社まで自転車通勤だったことがあるのでそのときは良く使いましたが。ディーラーカバン持たなくても仕事できるし、私服だし)
 
新天地は当時自転車6台もってたのでそのために2DK借りてたくらいです。
(ただし。この自転車小径車とわ言え、走行安定性確保の為に意外にホイールベースが長い。エレベーターで難儀することになるw)
 
 
 
ブリヂストンサイクルは結局、350台だけの限定生産ならいいよってことでひっそり売り出します。しかし。新天地のように、衝動買いでオーダーをいれた自転車マニアは多かったらしく、わずか一ヶ月足らずで350台が完売(新天地はカーグラフィックのグッズ販売記事をみて、即自転車屋にオーダーいれました。注文を受けた自転車屋さんも「こんな自転車あるんだ?」ってびっくりしてたなあ。)
 
買えなかった人からのリクエストに応えて折りたたみ式など追加バージョンが生産されました。
 

ブリヂストンサイクルがまだ儲かってた頃、多分親会社ブリジストンのお金も得て生み出した自転車。1998年の製品です。ブリヂストンは当時F1に参戦してまして、参戦チームにパドック移動用の自転車として供給もされました。

折りたたみを可能にしたモデルなど、いくつかバージョンがあるのですが、僕は初代のこのモデルが一番美しいと思っています。

何と言っても特徴は「片持ち式シャフトドライブ」





リヤタイアは一本の「棒」でささえられているのですが、その中にシャフトドライブが組み込まれていて、チェーンとかベルトとか無しで走行できるのです。

(街を走っていた時、知らないおばちゃんがびっくりして「お兄さん、その自転車壊れてるよ」って言ってきたことあったなあ。wたしかに何の予備知識がない人が見たら、びっくりするでしょうね。余談ですが「盗難車」と疑われて何回か職質に合ったこともあります。これ乗るときは身分証明書も持ちましょうwとにかく目立ちますw)


そのあまりに斬新なデザインは98年のグッドデザイン大賞を受賞したほど。ただのグッドデザインじゃありません。大賞です。僕は自分の見る目を褒めましたねw

しかし、10数万円もする割に、ドライブシャフトのせいで重いし、変速機もなく、かごも泥除けもつけれない自転車は需要がなかったらしく(泣)今はもう作られていません(20年も前の自転車だしなあ)。後継車も作られません。。。今でも素晴らしいデザインだと思うんですが。。。

結局、世界初の片持ち式ドライブシャフトは「世界唯一」の片持ち式ドライブシャフトになりましたw
史上初めて、グッドデザイン大賞を受賞した自転車ですが、今後自転車がグッドデザイン大賞を撮ることはもうないんじゃないかな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この自転車、引っ越したときに手放しました。いま思うと手放さなければ良かった。
かなり後悔してるんです。何と言っても20年前の自転車、今となっては手に入らない・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何故か昨日、この自転車に乗ってる夢を見た。若い時の思い出なのかな。
全然スピードでないけど、軽く漕ぎ出せて風が気持ちいい。
むかしこんな遅い自転車で山手線一周したことあったっけなあほとんど二日がかりでw



ふとネットを見てたら、オリジナルモデルがヤフオクに出てる。(この自転車、マニアが乗るから結構細かい改造してる人も多かった)

出品者いわくほとんど未使用で。

でも値段がなあ・・・・。ほぼ定価。もちろんその価値は十二分にあるんですけど。

(昔、スポーツカーに乗ってた人が、その車を手放した。後悔してたとします。その車が10年以上経ってほぼ新車で現れたら?そんな心境です)


買うべきか買わないべきか。今それが問題なのです(´・ω・`)


奥さんを説得できる自信が無い。w
これ、買ったとしたら、おそらくもう生涯最後の自転車になるんだろうけれど・・・。


(新天地追記。結局買わない間にオークションは終了する感じですね。又今度にしましょう。もう会わないかもですが)

2017年5月23日火曜日

株には役に立たないカメラな話光学と電子

プラナーだけどプラナー(タイプ)じゃない。


なんだそれ?少し長くなります。

ソニーはドイツのカールツアイス社と共同でレンズを開発することがあります。そういう製品には「カールツアイス」とダブルネームで表示されるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カールツアイス?なにそれ?ライカなら知ってるけど???
 
カールツアイスは戦前からカメラやレンズを作ってきた会社で、現在使われているカメラの様々なレンズの多くがツアイスが発明したレンズ設計の影響をうけています。「亜流」と言ってもいい。

ぞくに昔はAからZまでたくさんのカメラメーカーがあった、といいます。もちろんZといえば「Zeiss」のことですね。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてと。
35mmフイルムの時代からカメラメーカーは昔から各社が50mmF1.4という「大口径標準レンズ」を作ってきました。

今でこそ焦点距離を変えられる「ズームレンズ」が一般的ですが、今のように光学計算が複雑に行えなかった昔は、「単焦点レンズ」といってズームが出来ないレンズが主流で、特に50mmは見た目通りに写るレンズで非常に使用率が高い、各社の主力レンズの一つでした。

 
50mmF1.4という規格のレンズは、ほぼ見た目通りの遠近感。明るい大口径のレンズ(つまり薄暗いところでも使える)で比較的には小型で軽量。高い性能のわりに値段もそれほどは高くない。多くのカメラマンに愛されてきたレンズ。これは多くがカールツアイスが戦前に生み出した「プラナー」というレンズ、そのレンズ設計に影響をうけたレンズたちです。

 

ごく簡単にいうとこんな感じに前後対称にレンズを並べた設計で、撮像に歪みがないことから平坦を意味するプレーンからプラナーという名前がレンズに付きました。
(現在はもう少し複雑にレンズを組み合わせたものが多いのですが、基本はこんな対称型の「ガウス型」レンズの組み合わせです)小型で軽量でありながら、レンズが明るい(大口径)。

 
焦点距離が50mm前後の「標準」(広角でも望遠でもないという意味の標準)レンズに最適な設計で、カールツアイスはこの手の設計のレンズには誇らしくプラナーと名前をつけてきました。その後各社がこのレンズを真似て焦点距離50mm前後のレンズを発売しました。世の中では「ああ、これはプラナータイプのレンズだね」と言ったりします。ある意味、レンズ設計の古典といえるかもしれません。

これは今はなくなってしまった京セラの一眼レフカメラ、コンタックスシリーズの標準レンズ、プラナー50mmF1.4。
オートフォーカスがついていないこともありますが、とにかく小さくて軽い。(でもって、カールツアイス銘レンズの中では安い)それでいて写真の写りは最高という素晴らしいレンズでした。

 

ところで、ソニーは昨年、Eマウント用の50mmF1.4「プラナー」を発売しました。ソニーとカールツアイスの共同開発によるレンズ。カメラマニアなら一度は欲しい(*^^*)
 
が、プラナーという名前なのに大きくて重くて高い!。明らかに今までのプラナータイプではない光学系のレンズを出してきたんです。レンズ名はプラナーなのに光学系が従来のプラナータイプじゃない。。。。

レンズフードがついていて余計に大きく見えるのは差し引いても、「小型軽量」な従来のプラナータイプのレンズではないことが見て取れます。元祖が「プラナー」を名乗るのに。。。
希望小売価格も「19万円」。カールツアイスのレンズは高価なのが有名ですが、それにしても高いw。レンズ単体の重さも778グラム。カメラと合わせると一キロを超えるわけで立派な重量級です。

ソニーが公表しているレンズの光学図によると、このレンズはこうなってるそうな。
 
 
全然前後対称じゃないじゃないかって???
 
よく見ると、レンズの前から6枚が「主要光学系」なんです。
つまりこの前から6枚までは前後対称の「プラナー」な設計になっていると。実はこの前6枚のレンズ光学系だけでもピントをあわせて像を結ぶことは出来ます、だそうな。
後ろ6枚は、レンズを使うことで起こる「収差」 を補正すること、あるいはピントをあわせることを主要目的として追加された「補正光学系」だと言うのです。

ソニーいわく、発売時点でソニーがもっている光学技術を注ぎ込んだ、という力の入れようだそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーー
実は「プラナータイプ」は画像の歪みが少なく小型で軽量な一方、「絞り開放」では「収差」などで画面の周辺部のどうしても解像度は落ちるのです。
いままではそれでもよかった。
しかし4000万画素というとんでもない高解像度のカメラが出てくるに至っては、それでは不満が出てくるようになってしまった。
 
そこでカールツアイスはついに伝統のプラナータイプの設計を「捨てる」に至った、と言うわけです。

語弊を恐れずに書くと

前のところに撮像に使うレンズ群、そして後部に補正工学系をおいた二段構えの設計。
補正光学系を加えることで、「小型で軽量」という元祖プラナーの特徴は失われるけど、、プラナータイプの欠点である画像の周辺部の解像力低下や、収差などの問題を後部の修正レンズ群で押さえ込もうというわけです。

おそらくスーパーコンピュータなどを使った複雑な複雑な設計。
高価な特殊低分散ガラスや設計や加工が難しい非球面レンズを多用しています。

実際にメーカーの作品例を見ると、確かに絞り開放から恐ろしく解像度が高く、コントラストもスコンと抜けています。性能は素晴らしいと言って良いでしょう。

逆に言えば、カメラの電子系(C-MOSや半導体諸々)の性能は、光学(レンズ側)がここまでしないと100パーセントの性能を発揮出来ないほどに性能をあげてしまった。「20万円」という高くて重くて大きいレンズでやっとカメラの全力が活かし切れるほどに。。。。
ーーーーーーーーーー
おそらくですがレンズのほうはもう結構限界まで来てるような気がします。
それでも収差は完全には処理仕切れない。より大きく、より重く、より高いレンズを用意すれば可能かもですが、こうなると誰がそんなレンズ(カメラ)を使うのか???

スタジオ撮影ならいざしらず、気軽に持ち歩けなくなってきますよね。





こうなるとこんどはカメラの方が光学情報を忖度して画像を作り出す方向に変わって行くんではないだろうか。

つまり、レンズの性能向上をそろそろこの辺で諦めて、レンズが集めてきた光から「こういうのが正解かな?」という映像を「創り出す」そんなふうにカメラは変わっていくと想像します

すでに今のデジカメはレンズで歪んだ映像の歪み、周辺部が暗くなる周辺光量不足をカメラの側で補正して画像をつくっています。
ギザギザの線をまっすぐに補正するようなプログラムが、レンズが捉えきれない細かい情報を補正するようなカメラが近々出てこざるを得ないんだろうな。

新天地はそうおもいます。

れた光学系は未だ必要ですが、もうけっこう限界にきてて、それを電子の力で何とかする、そういう段階まで来てるのかねえ、と。




直接株には関係ない話。しかし「カメラ産業」にとってはまた大きな転換点が来ているような気もします。

パンクしないタイヤ、まずは自転車から

ブリヂストンとブリヂストンサイクルが東京オリンピックの前年の2019年に販売を目指す、自転車用の「パンクしないタイヤ」(とそれを使った自転車)の販売を行うことが伝えられている。

(もっともブリヂストンが、タイヤチューブ(空気)を使わないタイヤを開発中なのは2011年に特許を出願したこと、プレスリリースを出したことで知られてきた。)

こういう技術を開発中なのは以前から知られてきたわけですが、いよいよ目処がついたんでしょう。2019年発売とはっきりいい出したようです。プレス向けの試乗会もやったみたいです。



もともと自動車を主眼に開発したと思われる技術だが、今回は街乗り用の自転車タイヤとして売っていくようですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見ていただくとわかるように、タイヤの部分は一枚の板ゴムをホイールに貼り付けたような構造。
そしてタイヤの部分に衝撃を吸収する空気の層が無いため、ホイールの部分を特殊な樹脂、特殊な幾何学形状とし、路面からの衝撃吸収性及び耐荷重性を担保するというわけ。
単純に上下動くだけだと、ねじれたり、あるいは回転方向に変形すれば駆動力や制動力が失われてしまう。縦の入力だけをちょうどいい分衝撃を吸収しつつ、他の方向へは変形しない
この辺が特許とノウハウになっているわけ。
現時点でもかなり乗り心地重視や耐荷重性重視といろいろタイプを変えれるらしい。(樹脂も方向によって強度を変える様になっているんだろう、多分。

ゴムだけでなくホイールも再利用可能なものになっていて、環境にやさしいのも売りだとか。

報道向けに試乗会を行ったようだが、どうやらその自転車においては前輪を柔らかくして乗り心地を確保、後輪を固くして駆動力と体重を支える様になっていたようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まででも「パンクしないタイヤあったでしょ?」

そう、従来より、タイヤの中に空気ではなくゼリー状のモノを注入してパンクしなくするタイヤはあったのですが、どうしても重いし、ショック吸収性に欠けました。
結果乗り心地は悪化するし、衝撃を吸収しない分自転車もいたんでしまうという欠点がありました。

そこでタイヤだけでなく、ホイールも形状や材料を見直すことで「一体として」パンクしないタイヤをかいはつしたというわけです。

まだ、乗ったことがないのでどれほどのものかわからないですし、当然イニシャルコストも高くなるでしょう。

しかし、ブリヂストンが主張するように、従来のタイヤと同じ程度の乗り心地が実現できて、重量増も少なくて、値段もある程度に抑えられるなら、かなり普及するでしょう。
プレスリリースによれば、20000キロ持つというのですから、通常の自転車なら、おそらく自転車を捨てるときまでタイヤ交換(メンテナンスも)は不要と思われます。



蛍光灯とかがLEDに変わりつつあるのと一緒かも。
例えば郵便屋さんとか、金融機関とか法人で自転車を運用するようなところはトータルで見たら「パンクによる業務遅延が無くなって、タイヤ修理や交換の手間もない」
これだけで導入を考える十分な動機になると思うんですよね。トータルコストが安く付く可能性大だと。

自治体などでも「災害に強い」(がれきなどでパンクしない)と売り込めばセールスポイントになるでしょう。(個人で所有する人も、普段は意識しないかもだけど、東日本震災の時に自転車が役に立った一方でパンクも多かったと言われているので、パンクしないメリットは地震に備える意味ではいいとおもいます)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、ブリヂストンは「パンク修理がなくなることで、自転車販売店の修理業務、ひいては収入が失われる」ことまで考えているといいます。

LEDが普及した結果、販売店が電灯を売る機会が減ったのと同じ。
あるいはLED信号機が普及した結果、信号機のメンテナンスのお仕事が激減したのと同じ。

下手すると「自転車用空気入れがなくなる」かも???(販売量は減るでしょうね)
町の自転車屋さんの減少に拍車をかける???

そんな社会への影響力もあります。

また、「パンクしない」というタイヤに対して防衛関係?からの問い合わせもあったとか。
たしかに、戦場でパンクしたら、兵員の生死に関わるもんね。

タイヤというのは民生部品ですが、ある意味では「武器」の重要な一部を占めるというのを改めて考えさせられるお話でもありました。。。

残念ながらブリヂストンサイクルは非上場だし、ブリヂストンの株価に大きな影響を与える話でも無いんですけど、実はそれなりに社会的影響力が大きいかも?なお話でした。

ああ、自転車向けの鉄製ホイールやリムも消えていく可能性ありまっせ。
そういう製品を作っている人にとっても無視はできないお話かもですね。

2017年5月19日金曜日

225,ダブルトップの完成と週足毛抜きで下落に向かうか

さて新天地は売り方です。昨日の夜にかけて利食いしたとは言えかなり売ってる状態が続きます。
(どうせアメリカ人バカだから買ってくるだろうと言う意味での買い戻し。今日また売るつもり)

チャートを見てみましょうか(クリックで拡大。)
 
日足で見ると、20000円をチャレンジしたものの、20000円台にまとまった売りがあったらしく、短い日足が並んだ(指値売が並ぶから上に行けなかったんですね)後に下げに転じています。
20000円超えるのを期待していた向きの手仕舞いもあったんでしょう。そして米国安という外的要因が加わったと。
 
ただ、下げる時に特に出来高が増えては居ません。積極的に売ってきているわけでも無いですし、2日連続で下ヒゲをつけていることから、今週まではそれなりに押し目を買っている向きがいるんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これだけ見るとまだ方向感が湧きにくいんですが。。。
 
週足を見てみるとですね
(クリックで拡大)

リーマン・ショックあとのアベノミクスで相場は上昇。
下落したあとの昨年末からの「トランプラリー」で再び20000円間際まで着ました。
しかし○で囲んだ二箇所で「変則のダブルトップ」をつけたようにも見えます。
加えて先週、今週とみじかいながらも同水準で上値を抑えられる「毛抜き天井」を書いたようにも思えますね。

今日は先物の夜間取引が昨日より100円ほど高いですが、昨日と同水準で引けるようなら教科書的な毛抜き天井だと思います。上か下か二択なら「下」と僕は考えますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先月までの下落局面で、僕は売り方に周りながら「このまま下がるより一回上行ってくれたほうがわかりやすい」、と書きました。

このまま下げていってくれるとものすごくわかりやすいです^_^
当然20000円をおおきく超えてくることをストップロスにして、再度売り、でいきます。

くどいけど、こっから高値を追うのはギャンブル。たとえ上がったとしても理は無いと思っています。

2017年5月15日月曜日

内燃機関とモーターの話。規格その2

新天地はラジコンも好きです。
エンジンの車はやったこと無いけど、車に加えて飛行機、ヘリコプターなど一通りもってたことがあります。

すごく下手なのはご愛嬌w
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、電動ラジコンカーを見ると、実際の車とは構造が全く違います。
バッテリーとモーターを配していかに効率よくうごかすか。そりゃ当然です。

翻って、日本のモーターで動く乗用車は、いまだ「専用設計ではない」

え?そんなこと無いだろって?
いやいや、やっぱり旧来のエンジン型の車のエンジンをモーターに置き換えただけの車ばっかり。リーフだって「電気自動車ならではのメリットを活かした設計」とは全く言えない。
トヨタとホンダの燃料電池車の設計も然り

これは結局過渡期の現象だと思うのね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
強いてあげれば、ホンダの新型NSXはインホイールモーターを前輪に搭載。
NSXはこの前輪駆動だけで走れます。言い換えれば、NSXからエンジンとか後輪駆動部分を外して、電気供給機能をつければ、電気自動車がオリジナルの設計規格で成立するわけ。

かなり自由度が高いと言えましょう

またテスラも電気自動車ならではのプラットフォームですし、BMWのi3もリアモーターによる後輪駆動という電気モーターを利した設計です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トヨタが新しい電気自動車を作るっていうのには、この辺に期待しています。
今までのようにフロントのボンネットにモーター突っ込んでありあわせで車を作るのではなく、よりタイヤに近い位置にモーターを分散して配置できる、モーターを使ったならではの車。

古い一眼レフにこだわっていたら、ミラーレスのカメラにボロ負けするだろう、ってのは僕も予言で居ます。

自動車メーカーも、モーターをつかった車ならでは、を目指さないと。

ノートeパワーはモーターこそ特殊な使い方してませんがモーターならではの加速力が評判を呼びました。
今度はモーターならではのくるまのつくり方からやり直したところが勝つんでしょう。
全く新しい規格を作れないところは勝てない。古いレンズマウント規格にこだわって負けていくカメラメーカーと一緒。

でそういう車が出てくる時に、消えていく部品、出て来る部品、消えていく会社、新しい会社、出てくるはず。丹念に重箱の隅をつきたいですね。

消えるトランスミッション、ブレーキ。出てくるインホイールモーター、電気機器。

AFとミラーレスとレンズマウント 規格の話1

カメラな話をしましょう。(新天地は、生涯で数百万円をカメラとレンズに突っ込んだカメラマニアです。S社でカメラを開発してる人を驚かせた事があります。「そんなのまで持ってるの?」って。)

一眼レフやミラーレスカメラは、レンズ交換が出来るのが売りです。いろんなレンズ、いろんなカメラを組み合わせることで幅広い撮影シーンに対応するのです。
狭い場所ですべてを写したいなら広角レンズ。スポーツなど遠くからの撮影をするときは超望遠レンズ。ものすごくくらいところでは大口径のレンズが必要でしょうし、例えば街角にでて撮影するなら小型のカメラや小型のレンズが有効でしょう。花などを拡大するときは、接近した時にもっとも性能が良くなる「マクロ」レンズというのを使います。


このレンズ交換のときにレンズとカメラを繋ぐ部分や規格のことを「レンズマウント」といいます。
写真はキャノンEFマウント(とその派生規格のEF-Sマウント)。
レンズはカメラの前面部とレンズの後端部を「カチ」っとはめあわせて使う(交換する)。


古くはライカが作ったライカMマウントに始まり、ニコンのFマウント、キャノンのEFマウント、ソニーのAマウントやEマウント、パナソニックなどのマイクロフォーサーズマウントなどが有名です。

それぞれのマウントにはそれぞれだけの互換性があり、例えばニコンのFマウントのレンズはキャノンのEFレンズマウントのカメラで使うことは出来ません。逆もまた然り。(いまは改造とかあるけど一般的ではないので今回は省略)

しかし同じマウントのレンズとカメラならば(一部の例外を除いて)使いまわすことが出来ます。

例えばEOS1とEOS5というキャノンのカメラ(EFマウントのカメラ)を持っていれば、EFレンズをそれぞれのカメラに付け替えてくみ合わせて使える。たくさんレンズを買い揃えて、カメラが古くなれば、カメラだけを同じEFマウントのカメラに買い換えることで、今までのレンズをそのまま活かして行くことが出来ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて

80年台後半、一眼レフカメラにオートフォーカス(自動でピントを合わせてくれる)機能が登場します(ミノルタα7700)。
当時一眼レフカメラ3強であった残りの2社、ニコン(首位)とキャノン(二位)も慌てて追随することになりました。

しかし、ここで2社は違ったアプローチを取ることになります。

ニコンは従来からあるニコンFマウント(の形状)を継承。その規格の上位互換の仕組みを作ることで、新しいAF対応のカメラでも、古くからあるFマウントのレンズを装着することを可能にしました。
もちろん、その場合はオートフォーカスが使えませんが、プロカメラマンなど多くのレンズを所有する人からは歓迎されました。もともとマニュアルでピントを合わせてきたのですから、必ずしもAFが使えなくても仕事はできるし、と。

またニコンは完全な電子接点化を避けた。オートフォーカスなど、レンズ部分を動かす動力を機械的にカメラボディからレンズに伝導する仕組みを残した。
レンズそれぞれにモーターを内蔵するより、カメラ本体にモーターを内蔵し、レンズマウントに継手部分を持たしてそこからレンズに駆動力を伝達してレンズを動かそうと。

一方、キャノンは新しいオートフォーカスの一眼レフを展開するにあたって、当時の「FD」マウント規格を捨てて、全く新しい「EF」マウントを開発、採用してきたのだ。古い規格のままでは新しい時代には対応できない。思い切って新しいマウントを採用して、AF(オートフォーカス)時代を勝とうと言うわけ。非常に大きな決断だった。(EFマウントの登場は1987年)
新しい規格を採用することで、従来からのレンズが使えなくなるということは、それまでのユーザーを切り捨てることでもある。当然ユーザーからの反発も声も大きかった。


しかしキャノンは
1レンズマウントの口径を大きくすることでより明るい、より高性能なレンズを開発しやすくなる
2マウントの接点をすべて電子化し、AFや絞りの変更を機械的にではなく電子的に行う(駆動はそれぞれレンズ内のモーターで行い、カメラ側にはレンズを動かすモーターを持たない)
3新しいマウントで高剛性化、精密化を行い高性能を目指す。
4レンズにもCPUを組み込み、CPU同士(レンズとカメラ)が双方向でデジタル通信で信号をやり取りする



ことにした。来るべきカメラの新時代はエレキの時代と読み切ったのですな。それを実現するためには新しいマウントを採用しないと駄目だと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AF時代に入って、従来からの遺産にこだわったニコン。過去を切り捨てて全く新しい規格に切り替えたキャノン。
この判断(だけでもないんですけど)が90年代はじめに大きく明暗を分けることになります。

旧型カメラマウントとAFのボディ内モーターにこだわったニコンに対して、キャノンは新型レンズマウント(電気接点式でマウントの口径自が大きい)を使いレンズ内モーターによるAF(それも超音波モーターで速くて静か)と大口径の望遠レンズの開発に成功します。
オートフォーカスがニコンより速い。プロやハイアマチュアが使う大口径の超望遠レンズ、(特に僕も所有したEF300mmF2.8Lは今で言うなら「神レンズ」でした。写った写真がひと目見て差がわかるのです)でニコンを上回る描写性。

92年のバルセロナオリンピックで象徴的な場面が起こります。アスリートはもちろん、世界中から腕利きの報道カメラマンやスポーツカメラマンが集まるイベントでもあります。
その昔、ニコンが東京オリンピックモデルを出すなど、カメラメーカーにとっても晴れ舞台なのです

当時、ニコンの望遠レンズは「黒」。黒玉なんていいました。一方キャノンの望遠レンズは「白」、白玉です。

カメラマン席からフィールドに向かって全方向から望遠レンズがシャッターチャンスを狙います。その時、「圧倒的に白いキャノンレンズが目立った」のです。

試合の中継映像でも客席と一緒にカメラマン席が映ります。そのシーンで、望遠レンズの砲列が白一色なのを見たニコンの社長のお怒りぶりはそれはそれは強かったとも言われています。


EFマウントの登場からわずか5年。ニコンとキャノンの立場が逆転したことをまざまざと見せつけた瞬間だったとも言えるでしょう。レンズモーターによるAF(ニコンはボディ内モーター)というハンデはニコンを10年以上苦しめました。

(90年当時、カメラが欲しかった新天地は、AFの性能差をみて迷わずキャノンのEOS-5やレンズを買いました。それくらい差が大きかったのです。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今までの設計思想を捨て去って、全く新しい組み合わせを実現するために過去のレガシーを捨て去ったことの成功例と言えるでしょう。キャノンが実現するまで、レンズを動かす部分をすべてレンズ内に持ち込むという考え方はなかったんです。あったかも知らなけどやらなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、キャノンのEFマウントは現在でも非常に優れた規格です。当時の先見の明が伺えます。また、ニコンもFマウントは残しつつ、上位互換性を持たせてキャノンをキャッチアップしてきました。口径の差のハンデはありますが、現行カメラとレンズはすべてCPUを内蔵したデジタル通信で動いています。今になればニコンとキャノンの一眼レフのオートフォーカスの性能差は無視できるまでになったかなと。

ところが・・・・。です

後発のパナソニックやソニーは一眼レフよりもいわゆるミラーレスカメラに力をいれてきました。
パナソニック(とオリンパス)は2008年に「マイクロフォーサーズ」規格を策定し、10年間こちらに注力してきました。
またソニーはミノルタから受け継いだ「Aマウント」と並行してミラーレスの「Eマウント」を構築。(Eマウントは2010年発表)
ミラーレス機は、一眼レフのミラーボックスがない分小型軽量化出来ます。薄く作れます。
マイクロフォーサーズやEマウントはミラーボックスが無いことを前提に作られているので、カメラもレンズも小型化しやすいのです。

クリックで拡大。もともと一眼レフのレンズマウントであるFマウントやEFマウントはマウント部から撮像素子までの間に、ミラーボックスがある前提で設計されており、マウントから撮像素子までの距離が長い。一方、マイクロフォーサーズやソニーのEマウントは最初からミラーがない前提で設計されており、マウント部から撮像素子までの距離が短い。たとえEFマウントやFマウントを使ったままミラーレス機を作っても小型化という面で限界があるのだ。


つまりEFマウントやFマウントではカメラの小型化に限界があります。
ミラーボックス前提に構築されたこれらのマウントは、たとえミラーレス機を作っても厚さを一定以下には薄く出来ないのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ミラーレスカメラがシェアを伸ばしても、今まで一眼レフ、(言い換えればキャノンやニコン)には「タイムラグがなくて見やすいファインダー」「一眼レフ方式が可能な位相差方式による優れたオートフォーカス」「過去に発売されたレンズ群というレガシー」というメリットがありました。プロカメラマンが(重くて大きい)一眼レフカメラを使い続けるに十分な理由です。

しかしながら、ファインダーについては、速い読出しのC-MOS,伝達機能、反応速度の速い有機ELファインダーが登場し光学ファインダーに迫りつつあります。さらに有機ELファインダー(EVFともいいます)には撮影情報をリアルタイムに映し出すことがやりやすいなどEVFならではの機能もあります。

オートフォーカスについてもミラーレスカメラでも使用できる像面位相差という方式が急速に精度をあげています。

レンズの豊富さについては、こういうカメラが出来たことで望遠レンズや高倍率ズームレンズの開発、発売も進むでしょう。

一眼レフカメラのアドバンテージは急速になくなりつつあります。
一方でミラーレスカメラには「より小型軽量」「シャッターを切った時のブラックアウト(見えなくなること)がない」「電子シャッターを使うことで、一眼レフでは実現できない連写速度」「ミラーボックス
、さらに電子シャッターオンリーで使えるカメラではシャッターの機械的寿命を考えなくて良い」という無視できない利点が出てきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソニーのα9の話を書きました。7年間の間に一眼レフからミラーレスにも軸足を移してきたソニーが

「もう一眼レフは終わり。スポーツとか報道とか、結婚式場とか人物撮影するプロカメラマンの皆さん、小型軽量で連写ができてオートフォーカスも早くて、ブラックアウトしないうちのミラーレスカメラ使いませんか?」
「まだそんな重くて、ブラックアウトして、一秒間に10枚程度しか連写できない一眼レフカメラ使ってるの?動画撮影時にファインダー使えないし」

とはっきり宣言したんだと思います。

ニコンもキャノンも、いわゆるレンズ交換式カメラ市場で戦い続ける以上、ミラーレスカメラにもっと重点を移し、なおかつソニーが出してきたα9に歯を食いしばって追いつかなくてはいけない、そんな局面に追い込まれたんだと。いま行かなければ、バルセロナオリンピックよろしく、東京オリンピックではみんなα9シリーズをもっていて、ニコンとキャノンの社長がそれぞれ机を叩くしかなくなるんでは、と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてと
昔なら、ソニーのカメラが馬鹿売れするとか、いう話があったら「タムロン買っとけ」でなんどもボロ儲けができたんだ。
いまはタムロンもカメラレンズ作ってるだけの会社じゃなくなったからなあw

新しいカメラマウントが、世界を席巻するとなればそれなりに大きな売上は見込めるとは思うけど、これがタムロンをどれだけ潤すのかは、鉛筆ナメナメして考えないといかん話。
でも小さくないインパクトをもたらすだろうことは僕でもわかる。




ただ、そもそもいまの一眼レフやミラーレスカメラの市場が大きく伸びそうに無いからねえ。。。
でもニコンやキャノンのシェアを食い荒らすなら、タムロンにとっては大きい気もするしなあ。
詳しい人、計算お願い\(^o^)/





2017年5月13日土曜日

ミラーレスカメラが完全に一眼レフを追い落とすマイルストーン。ソニーのミラーレスカメラ、α9

ソニーのα9が話題です。今まで、報道やスポーツカメラマンのカメラは、ニコンやキャノンの「一眼レフ」カメラが主流でした。そこにソニーが「ミラーレスカメラ」で対決を挑んだからです。
世の中のニュースではそんなに大きく取り上げられていません。しかしこのモデルの登場は、一眼レフカメラに対する余命宣告だと僕は思います。
一眼レフカメラはあと10年しないうちに絶滅するんじゃないかな?その余命宣告をするモデルの登場だと新天地は思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一眼レフカメラが報道やスポーツのカメラで使われてきた理由。

それは様々なレンズを付け替えて使うことで広角や望遠撮影に対応できること。
そしてミラーボックスという仕組みで写真として記録されるそのままの画像がファインダーで確認出来ること。
写真は、肉眼で見る映像とは全く違います。レンズによって遠近感が全く変わる。一眼レフならレンズによって得られる画像を(ほぼ)リアルタイムに見ながら撮影出来るのです。
(某所から拝借。一眼レフの仕組み)

一眼レフカメラは、レンズが捉えた光(絵)をミラーで上に跳ね上げ、プリズムで上下反転させてファインダーに届けます。撮影者は常に写真に映るとおりの絵を見ながら(望遠であったり、広角であったり、ピントがどこにあるか、映像の明るい暗いなど)をリアルタイムで確認しながらシャッターを切ることが出来ます。
シャッターを押すと、一眼レフカメラはミラーを上に跳ね上げ(この間、ブラックアウトと言ってファインダーは真っ黒になります)光をC-MOS(昔ならフィルム)に露光させ、写真がとれるのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらにオートフォーカス一眼レフカメラではミラーボックスがあるために位相差式AFといいましてピントのズレを感知してピントを合わせるオートフォーカスが使えます。
従来のポケットカメラ式などのAFでは使えない方式。これによってうごきまわるものにピントを合わせる動体予測AFが使えたりくらいところでもピントを合わせたり出来るようになりました。

だからスポーツシーンや報道でオートフォーカス一眼レフが圧倒的シェアを握っていたのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フイルム時代は「見たままを写す」(正確には写るままを見ながら撮影する、か)一眼レフしかありえませんでした。
しかし、デジタルカメラが「ミラーレス」という画期的な仕組みを生み出すことになります。
フィルム時代は、レンズが捉えた画像を目にするためには一眼レフ(ミラーボックス)を使うしかありませんでした。
しかし、フィルムのかわりにCCDやC-MOSを使えば、その撮像素子が記録している映像を、リアルタイム(にちかいタイムラグ)で電気的に液晶(あるいは最近では有機EL))画面や液晶ファインダーに出力することで、レンズが捉えた遠近感、ピントをそのまま確認しながら撮影出来ます。いわゆるミラーレスカメラです。

ミラーボックスを使わないとなると

1ミラーボックスを作る、開発する技術力や製造能力が不要になる。
2ミラーボックスがないことで軽量化、小型化出来る
3その分のコストは安くなる
4ミラーボックスがないことで交換レンズ後端を撮像素子に近づける事ができる(特に広角レンズでせっけいの自由度が上がる)。それによってレンズも小さく出来る余地がある。
5ミラーを跳ね上げることによる「ブラックアウト」がない

いいことづくめです。

しかしながら、デメリットもあるんです
1液晶(有機EL)ファインダーは高画素が進まないと画面が荒い
2液晶ファインダーは光学ファインダーに比べると「リアルタイム」性で劣る、タイムラグが有る
3位相差AFが使えない(ため今までオートフォーカスで負けてた)
4電池の消費が大きい。

これらのデメリットのせいで、いまだスポーツの世界や連射性、見たまま写すことを重視するプロカメラマンの間ではデジタル一眼レフが主流でした。大きくて重くてもミラーボックスと光学ファインダー、そしてオートフォーカス。これらが相まって生き残ってきたのです

例えば僕が知り合いに「子供の運動会を取るためのカメラって何がいいの?」と聞かれたら、イオスキス(初心者向けデジタル一眼レフカメラ)と答えます。
オートフォーカスが一番安定してると思うから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上前置き



ソニーが出してきたのが、新しいα9(Eマウント)というわけです。9はミノルタ以来、ハイエンドモデルに使われるエースナンバー。


大きく捉えて
1ミラーレスカメラのメリットを最大限に活かしている
2ミラーレスカメラの弱点が新しい高性能デバイスによってかなり改善されている
3そしてその多くにソニーが開発したデバイス(特に積層型C-MOS)がふんだんに使われている

そしてようするに「今まで一眼レフじゃないと駄目だった報道やスポーツ、その他もろもろの厳しい環境でミラーレスカメラを使ってね」という画期的な商品ということになります

これが画期的。一部では一眼レフカメラが出来ないことも可能にしました。これによって一眼レフを捨てるカメラマンが出てくるんじゃないか?かなりたくさん。そしておそらくこの技術は時間を伴って安いエントリーモデルのミラーレスカメラにもおりてくる。
「一眼レフカメラに対する余命宣告」と感じるのはそこなのです・

ファインダーのレスポンスや見え方の綺麗さは高解像度の有機ELや高性能の半導体、そしてソニー自慢の最高性能の積層型C-MOSで解決。
さらに積層型C-MOSは電気シャッターを使っても像が歪みません。(速度の遅いC-MOSで電気シャッターを使うと像が歪む)これによって、機械式シャッターのように音はしない。(舞台撮影などでものすごく有利)。画像がブラックアウトしない。(スポーツシーンとかで有利)

小型軽量。

さらにオートフォーカスも今までの一眼レフと違う方式を使いながら一眼レフ並の高性能さを実現。

もちろん、今までの光学ファインダーには100%かなわないかもですが、電子シャッターを使うことで1秒間に24枚の連写が可能(そしてその間ブラックアウトしない)など一眼レフでは出来ない芸当もあります。こうなると、「ミラーレスのが上」ということにもなっていくのかなと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残念ながら、キャノンのEF300mmに匹敵するような高性能望遠レンズがまだαEマウントにはありません。しかしここまでの機種を投入したからには新しい望遠レンズも続々登場してくるでしょう。

東京オリンピックまであと3年。カメラの勢力図は大きく変わるんではないか???
α9の登場はカメラの歴史においてものすごく大きな転換点であると新天地は思うのです。

それはニコンやキャノンのカメラ部門の苦闘の始まりのような気もしますがいかに。
ニコンやキャノンは未だ軸足が一眼レフにある。ソニーに出遅れたと思うのです。



2017年5月12日金曜日

ムン・ジェインという人。アホなことを言い出すが馬鹿ではない

新天地は韓国ウォッチャーです。

韓国の政治家の生まれとかは、今はネットを介して翻訳ソフトを使えば割に簡単に調べられます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新しく大統領になったムン・ジェインは韓国でもやや特殊なルーツを持ちます。

彼の両親はもともと今の北朝鮮の生まれ。朝鮮戦争の動乱のさい、韓国側に渡ってきた脱北というか避難民なのです。
ものすごく貧しい中、彼のお母さんは卵の行商などを行って子供を育て大学まで出しました。
貧富の差や独裁への反発から学生運動に身を投じるようになったのも仕方ないことかもしれません。

学生運動で逮捕されるも、父親は落胆し、面会に来なかったそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デモ中に催涙弾で怪我をし、それを介抱してくれて奥さんと結婚したというのですから筋金入り。

民主化運動に参加して投獄され出所。すると今度は兵役で特殊部隊に編入されます。
除隊した直後、父親は心臓発作で急死してしまうのです。

父親に自分の成功を見せられなかったムン・ジェインは一念発起します。
当時は合格率3%と今より格段に難しかった韓国の司法試験に合格して裁判官になることを目指したのです。

結果、卒一で合格。するも当時の軍事政権の学生運動への弾圧は厳しく、学生運動経験者はまとめて拘束されると言う事態が起こります。ムン・ジェインはこれに引っかかり、合格発表は拘置所の中で知ったそうな。

更に司法修習は次席で終了。本来なら希望どおり裁判官になれる成績ですが、学生運動のせいで裁判官にも検事にもなれず。一般企業にも就職できないし、大学に残って研究者になることも出来ず。

後に大統領になる盧武鉉、ノムヒョンと協同で弁護士事務所を開くしかなかったんです。
時代が時代なら今頃最高裁判所か憲法裁判所、または最高検当たりではたらいていたかもですが・・・。

2017年5月11日木曜日

ソウルその3

パルパル道路から漢江を挟んでソウルの国会議事堂を見る。
ほんと、こうやって見ると黄砂の酷さがわかるね。本来雲一つない快晴のはずなんだ。

ソウル市庁舎斜めから見る。
なんで市庁舎(日本で言えば東京都庁)がこんなデザインなのかw
夏はクーラー代すごいだろうなw

タコのお店で頼んだタコのチヂミ。絶品でした

 

 

韓国でも屋台はあります。韓国らしい食べ物あり、最近ではとにかく鶏肉が流行りらしいです。

韓国といえばとにかくコーヒーチェーンが多い。
スタバはソウル市内にはいたるところにあるので、下手にスタバを目印にしたり待ち合わせ場所にすると迷うこと請け合いw

ソウル市庁を横から見る。
南大門といえば焼けちゃった南大門が有名ですし、南大門市場が知られます。でも地名としての南大門はかなり広くて、ソウル市庁とかホテルロッテとかも地名としては南大門なんですって。
たしかに標識を見ると英語でナンデモンって書いてある。

 

某所で移したカレンダー
日曜日が一番左に来る表記は完全に日本の植民地支配の名残。
5月3日は仏様の誕生日、5月5日は日本と同じでこどもの日だそうな。

ソウルで食べた朝ごはん。向こうの人は公務員も含めて、こういうところで朝ごはん食べて働く人も多いそう。あるいは会社抜け出して食べぬくるサラリーマンも。
キムチ等は食べ放題なのが韓国流。スープもおかわり自由です。これで700円位かな(観光客が増えたせいで値上がりしたとは義父の解説)

韓国の裏通り。ドアについてる青いのは、ドアバンした時に傷を防ぐ緩衝材。日本では全く見かけませんが韓国ではけっこうポピュラー。
そして面白い?のは韓国では裏通りでは路駐オッケー?なこと。日本と違ってコインパーキングなんて全くありません。取締りとか無いそうな。
(大通りはだめでっせ)

漢江。とにかく橋が多い。もしも北が攻めてきたら、韓国軍はこの橋をすべて落として防衛するとも言われますが・・・・

高層マンションが多いですね。地震がないから立てやすいとも。
(逆に言えば直下型自身が来たら、しゃれにならんけどなあ)

 

韓国らしい、と思ったのは畑。これ半分唐辛子ですなw

 

 

クリックで拡大
パルパル道路通過中に移した「聖水大橋」
なんじゃそれ、と思った人、かんこくまにあではないですね
この橋、この先の部分で大崩落したことがあります
(1994年。)
 
 
 
市場にて。日本ではもうこんな風景無くなっちゃったよなあ。
写真家のこころをくすぐる懐かしい風景です



白菜の山が韓国らしい。飲食店の人が買ってくんでしょうか。

卵、ようやく潤沢に
出回るようになったそう。前も書いたけど、韓国の鶏卵はカラが色付き。
日本のような「白い」卵にはほとんどお目にかかれません。
 

平昌オリンピックまであと280日(5月5日当時)

ソウル市庁から北に向かうと青瓦台。そして山が見えますね。山を超えていけば北朝鮮です。
1968年には実際に北朝鮮の特殊部隊がこの山を超えて青瓦台を攻撃しようとする事件があり、永らくこの裏山は民間人の立ち入りが禁止されてきました。2006年からは観光客の立ち入りが許されるようになっています。(ただし山の中では撮影禁止。実際には止められないけど、機関銃もった兵隊はそこかしこに歩いています)

ソウル市庁の北には東亜日報。今度の韓国の首相は東亜日報出身です。その向こうには韓国最大の書店も見えます。

大韓門。ここでは一日3回、衛兵交代式を見ることが出来ます。

時間になるとこうやってわらわら人が出てきて


交代の儀式を行います
これ、暗号の確認だそう。衛兵に化けて敵が混ざってたらまずいからでしょうね。

夏は大変だろうなあ。いや冬もか(冬は氷点下だからね)

 
 

インチョンは成田と同じく遠いです。
空港まではリムジンバスが速い。何故かと言うとソウル市内にはバス専用レーンが整備されてて渋滞に巻き込まれにくいから。
余談ですが、韓国では高速道路料金が馬鹿みたいに安い。
 
なんでか?日本みたいに否かに高速道路作らないから。基幹道路は安くてももとが取れるのです。日本より韓国が「優れている」面
 
ただし田舎に行くとびっくりするほど道路の質が悪い。歩道を歩くと「平面じゃあない」w
日本なら指名停止食らいそうなできの悪い道路が田舎では多い。手抜きというか「まあこんなもんでいいだろ」ってのが韓国の「コストのやすさ」かもしれませんね。
 
ソウル徒然、終わり。