2010年9月29日水曜日

再び独占を目指す武器になる?シマノ電動パーツ。

シマノの自転車パーツの世界シェアが下がっているというのは以前書いたとおりです。
円高もきついでしょうね。

しかーし。実は2.3年後にシマノが大きく飛躍できる可能性があります。

それは電動パーツです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
電動パーツといっても、いわゆるアシスト自転車のパーツではありません(もちろん、来年は大々的にアシスト自転車のパーツも出してくるんですが)。電動変速機です。普通、自転車の変速機って手でワイヤーにつながった変速機を操作することでギヤチェンジがなされます。しかし、シマノの新しいシステムは変速機が電動サーボモーターになっていて、それをブレーキ一体型のスイッチで動かす仕組み。ワイヤーを使わないのでワイヤーが伸びたりする心配がなく、また操作に力がいりません。操作系はスイッチだけで良いのでハンドル周りを軽くできます(バッテリーが必要となるのでシステム全体としては重くなります)これらの特徴はレースでは非常に優位に立てる要素。実際、レース現場で投入されたシステムの評判は上々です。握力が弱ってきても軽く押すだけで変速ができるから。また精密なサーボモーターを使用することで非常に精密に変速ギアの位置決めをすることができるのもレースマシーンにとっては大きな武器。
一部市販されているのですが、ためしに触った(試乗しました)僕の感触では「こりゃあ、一度使ったら後戻りできないな」と言うもの。スイッチを押すだけでギアが完璧な位置にぴたっと高速に正確に移動する感じはまさに精密機械そのものです。異次元の感覚ですね。自転車は上り坂などを全力でこいでいるような負荷がかかっている状態で変速すると非常に大きな力が必要(なので普通はお勧めできない)ですがそういう普通は避けるような(少し小口からを緩めて変速するのが普通)極限の状態でも高トルクのサーボモーターが涼しい顔で変速を瞬時に終わらせます。このコンマ何秒かのタイムラグの差はレースでは非常に大きなアドバンテージになるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じゃあなんでお前がそのシステム買わないんだ?といわれるとびっくりするほど高いから・・・(まだ「デュラエース」オンロード用の最高級パーツにしかオプション設定がないのです。変速機という重要なパーツですから、安全性を確保するためにはそれだけ高くなります)

ところがどうやら来年の後半には二番目のグレード(アルテグラ)くらいには下りてきそうです。それでも20万円くらいはしそうですがw。でもでもこのクラスというのが一番のボリュームゾーン。このクラスを握ればどんどんシェアアップできます。さらに1,2年後には普及モデルも電動化するでしょう。いまがシマノのシェアの大底かなあ?と読むのはそこなんです。コレは絶対主流になるはず。ライバルマーカーが追随するにはまだ時間がかかりそうです。

かってブレーキ変速機一体型の部品(STI)をシマノが開発し、一気に世界的な寡占状態を作り、株価も暴騰したことがありました。今度も同じようなことが起こりうるなあ、と眺めています。まあスタート台が高い分、当時みたいに何倍も取れるって言うわけには行かないですけどね。

0 件のコメント: